クライミング持論!

クライミング・ボルダリングに特化したブログでしたが、この度雑記ブログとなりました。 好きな事をいろいろ書くぞ~!

登り方を教えてもらうのはダメ!

こんにちは。ピンチです。 よく登り方が分からないとすぐに「教えて!」と言ってくるクライマーがいます。 身に覚えはありませんか? これクライミングをしていく上でよくありません。 もちろん初心者がルールを聞くとかは別ですよ。 ある程度の経験のあるク…

クライミング(趣味)に飽きる理由!

こんにちは。ピンチです。 あんなに好きで一生懸命だった事が急に楽しく感じなくなったなんて経験ありませんか? それはもうその事が飽きています。 そうなった原因はいったい何でしょう?考えてみました。 目次 伸び悩み マンネリ化 他に楽しみが見つかる …

筋肉を鍛えた後に必ずやる事!

こんにちは。ピンチです。 クライマーもアームレスラーも筋トレをしている人は多いです。 みんな強くなりたいですからね。 それは良い事。 問題は筋トレのその後・・・ 筋トレ後のケアの基本としては、筋肉のストレッチやほぐし・栄養補給・睡眠です! あな…

できるクライマーはエナジージェル!

こんにちは。ピンチです。 岩場での本気トライ前やコンペの出番前、その他仕事帰りのジムでのトレーニングなど登っている時に空腹を感じる事はないでしょうか? 空腹を感じるという事は、身体がエネルギー不足を訴えています。 エネルギー不足ではパワーが出…

えっ?東京オリンピックでもコンドーム配るの?!

こんにちは。ピンチです。 私も東京オリンピックはスポーツクライミングが正式種目に選ばれた事もあり、本当に楽しみでした。 しかしこんな話を聞くと東京オリンピックやめた方がよいのではないかと思うようになりました。 それは東京オリンピックで選手達に…

登れるように【ゲン担ぎ】ってやってる?

こんにちは。ピンチです。 あなたはコンペや岩(共に本気の時)へ行く場合に【ゲン担ぎ】ってしますか? いきなり結論を言いますが、私は【ゲン担ぎ】なんてやらない方が良いと思います。 いろいろな分野のプロ達でもこの【ゲン担ぎ】にこだわっている人も多…

あなたのパフォーマンスを最大限に引き出す【リラックス】について考える!

こんにちは。ピンチです。 クライミング・ボルダリングはもちろんですがその他のスポーツや仕事等でも無駄に力まず、肩の力を抜いて【リラックス】している状態はとても大切です。 変に緊張したり、張り切りすぎて力むと身体がガチガチに硬直して上手く動か…

なくならない岩場のマナー問題!

こんにちは。ピンチです。 クライマーは岩を登ります。 しかしクライマーが岩へ行くにはルールやマナーを守らなければなりません。 岩場があなた所有の持ち物なら別に良いのですが、そうでない場合クライマーは場所や岩をお借りして登らせてもらっているとい…

梅雨だ!クライミングシューズの湿気をとろう!

こんにちは。ピンチです。 全国的に今年の梅雨入りは早そうです! 梅雨と言えばジメジメと嫌な湿気ですよね。 ホールドも湿気で保持しにくいですが、今回はクライミングシューズの話です。 クライミングシューズは、履いて登っていれば汗をかくので湿気ます…

間違ったトレーニングの考え方!

こんにちは。ピンチです。 私も年を重ね最近になってようやく気が付いたのですが、間違ったトレーニングの考え方をしているクライマーが多いように感じます。 とくにガチ勢。 トレーニングで追い込み過ぎて、身体にダメージを与えすぎているクライマーは要注…

クライマーの病!

こんにちは。ピンチです。 自粛!自粛!って いったい、いつまでこんな生活を続けなければいけないんだ~~! コンペもねえ! 岩行けね~! ジムへ行くのも後ろめたい! おらこんな趣味嫌だ! という事で仕方がないので自宅トレーニングばっかりやってます。…

アームレスリング持論!⑲ 自己流チューブトレーニング!

こんにちは。ピンチです。 今回は、現在私がやっているアームレスリングの自己流チューブトレーニングを紹介してみたいと思います。 ただし自己流の上、アームレスリングの初心者なので正しいかどうかは分かりませんけどね。 将来私が強くなれば正しいトレー…

クライマーが気を使わなければならない事!

こんにちは。ピンチです。 クライマーという生き物は、世間一般的に見て極々少数派の変態です。 ちなみにクライマーにとって【変態】というのは褒め言葉なので言われると喜びます。(個人差有) お金を使い休日にわざわざ疲れに行って切り傷を増やしながら、…

クライミング・ボルダリングを始めない方がよい人!

こんにちは。ピンチです。 今回の「クライミング持論!」では、クライミング・ボルダリングをこれから趣味として始めようとしているあなたのために知っておいた方が良い情報を書こうと思います。 こんな人は、クライミング・ボルダリングを始めない方がよい…

アームレスリング持論!⑱ 今の私の握り方!

こんにちは。ピンチです。 また後に変わっていくのかもしれませんが、今私の力の入る握り方は【深い握り】です。 深く握らせてもらうと負けるにしても少し粘れたりします。 逆に深い位置で握れないと勝負になりません。 しかしまあ初心者の私がそんなうまく…