クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

トレーニング

短期間で効果を実感!クライマーはぜひ試してほしい加重懸垂!

こんにちは。ピンチです。 あなたは短期間で体感的に効果を感じる事のできるクライミングトレーニングって知ってますか? 私はいくつか知っています! そのひとつは、加重懸垂です。 効果が実感できるのは、人にもよりますが早い人で加重懸垂トレーニング直…

クライミングのためのトレーニングなのか?トレーニングのためのクライミングなのか?

こんにちは。ピンチです。 最近私も含めて周りのクライマーを見ているとクライミングのためにトレーニングをしているのか?トレーニングのためにクライミングをしているのか?がよく分からない時がます。 バランスボード ダイエット 体幹トレーニング用 EVER…

クライミングが強くなる!鍛える優先順位!

こんにちは。ピンチです。 クライミングが強くなるにはもちろん手指の先から足の先まで全身を鍛える事が望ましいですが、仕事もあるし家族もいるなかでそんな全身を鍛える時間の余裕なんてありませんよね。 また、クライミングを始めたばかりでどこを鍛えて…

クライミングのトレーニング実は・・・

こんにちは。ピンチです。 クライマーのあなたは強くなるため日々トレーニングをしている事でしょう! 現在行われているクライミングのトレーニングって実は20年以上前から行われているものが多くほとんど変わってないんです!もしかしたらもっと前からかも…

常に新しい刺激を!体は負荷に慣れると成長しなくなる!?

こんにちは。ピンチです。 私もそうなんですが、一度クライミングのトレーニングを決めると同じことばっかり続けてしまいます。というか負荷や回数や時間等が伸びないので、同じことばっかりやっている事になります。 体は常に新しい刺激を求めていて、トレ…

クライマーの立甲!メリットと練習方法

こんにちは。ピンチです。 以前の記事でも書いたとおり、立甲によるメリットは計り知れません! 肩周りの可動域向上・肩周りの故障予防・腕の筋力だけに頼らない体幹部の筋力動員・リーチ延長(少し)等々・・・ www.wwwkiraku.com しかし、やっぱりまだ誤解…

クライミングの故障予防とパフォーマンスアップ!アップとダウン!

こんにちは。ピンチです。 あなたはアップとダウンしっかりと行っていますか? 実は私も何年か前まで一切していませんでした。しかしアップとダウンを行うようになって良くなったと体感できる事が何点かありますので、紹介してみます。 準備運動・整理運動 (…

クライミングのトレーニング頻度を見直そう!

こんにちは。ピンチです。 あなたのトレーニング頻度はどれぐらいですか? トレーニングの頻度が適正かどうかというのは、判断がすごく難しいです。 身体に不調な箇所が無く、強くなっているのならば適正でしょう! しかしどこかが痛くなったりしているよう…

クライマー必見!最強のホールディング【オープンハンド】

こんにちは。ピンチです。 長年にわたりクライミングをやってきて思うのですが、ホールディングはやはり【オープンハンド】が基本にして最強のホールディングだと思います。 私のオープンハンドの定義は、手の人差し指・中指・薬指のどれか1~3本の第一関節…

憧れの片手懸垂!練習方法!

こんにちは。ピンチです。 片手懸垂はある程度の筋力はもちろん必要ですが、コツをつかむ事がいちばん大切であると思います。広背筋等背中の大きな筋肉を意識して力を入れる事ができるようになると徐々に慣れてくると思います。 力が入らないのはその筋肉を…

オープンハンド⇔クリンプ 指を鍛えるトレーニング方法!

こんにちは。ピンチです。 オープンハンドとクリンプ(カチ持ち)は両方を鍛えておくべきで、また途中で使い分ける事ができるようにしておくことでホールディングの幅が広がり課題が安定して登れるようになるでしょう。 そこでオススメなトレーニング方法が…

拮抗筋も鍛えて更に強くなろう!

こんにちは。ピンチです。 突然ですが、拮抗筋ってご存知でしょうか? 筋肉を使う時に力を入れて収縮(縮む)している筋肉を主動筋と言い、その反対に伸展(伸びる)している筋肉を拮抗筋と言います。 例・ダンベルを手に持って肘を曲げると上腕二頭筋が収縮…

クライマーのためのジムマシントレーニング!

こんにちは。ピンチです。 私もたまにですがトレーニングジムへ行く事があります。 主にジムマシンでのトレーニングをするのですが、結構面白くていろいろやっているのでクライマーのためのジムマシントレーニングを紹介してみたいと思います! 自重トレーニ…

ボルダリングは30秒トレーニングを意識してみよう!

こんにちは。ピンチです。 クライミングジムでのボルダリングで、1課題を登る時間は長くても30秒程です! そこでその30秒間連続でパワーを出せるようにしておくトレーニングを私は推奨します。そうすればヨレ落ち等が少なくなるでしょう。 ボクサーが1ラウ…

トレーニングに悩んでいるクライマーは保持力と体重管理を!

こんにちは。ピンチです。 クライミングで強くなりたいけど何をトレーニングすればいいのか?悩んでいるクライマーは多いと思います。 何をしていいのか分からない!そんな迷った時はとりあえず次の2点をやってみてください。 私は長年クライミングをやってき…

片手デッドハングでクライミングが強くなる!

こんにちは。ピンチです。 以前の記事でもデッドハング(ぶら下がり)トレーニングのバリエーションなどを紹介したんですが、今回はその中でも最高のデッドハングトレーニング方法でもある【片手デッドハング】をより詳しく紹介していきたいと思います ! ww…

クライミングを始めたらやった方がいいトレーニングとやらなくていいトレーニング!

こんにちは。ピンチです。 クライミングを始めて間もなく、もっと登りたい!もっと強くなりたい!と思うようになるとクライミングのトレーニングをしたいと考えるようになると思います。 そしてどんなトレーニングをすればいいのか分からない時は、ネットな…

初心者のクライマー(女性も)にオススメしたい長物課題!

こんにちは。ピンチです。 よくクライミングジムで長物課題があるのを見かけませんか? こんなの必要なのか?とかリードクライマーしかやらないでしょ?とか思うクライマーもいると思います。しかし長物課題は、クライミングの良いトレーニングになるんです…

クライミングのトレーニングに絶対の正解は無い!~自分の弱点の見つけ方~

こんにちは。ピンチです。 クライミングのトレーニングで今のところは絶対の正解はありません。 ほとんどのクライマーが口コミや有名なクライマーが行っているトレーニングを真似ているのが現状です。しかし、それも正解と言う訳ではなく真似た方が良いトレ…

クライミングトレーニングこれさえやっていればまあまあ登れるただ一つの事!

こんにちは。ピンチです。 クライミング大好きなクライマーのあなたは日頃からいろいろなトレーニングに忙しい事でしょう!よくわかります。 クライミングのトレーニングなんてパッと思いつくだけでも 懸垂 加重懸垂 片手懸垂 体幹トレーニング 柔軟トレーニ…

本当に週1クライマーは強くなれないのか?

こんにちは。ピンチです。 よく巷で耳にする都市伝説【週1クライマーは強くなれない】というのは、本当なのでしょうか? 答えはNOです! 当たり前のことですがどこまで強くなりたいかにもよりますし、その人の登り方にもよりますが… 2級を1日に数本登るレベ…

やり方は簡単で出来たら即効性がある!カチトレ!

こんにちは。ピンチです。 ピンチだけどカチトレ! 私はこのブログ記事でいろんなトレーニング方法を紹介していますが、一番好きなのがカチトレです。なぜかと言うと、保持力は裏切らないからです!(?) カチトレそれはクライマーのロマン!保持力の象徴!…

きっとできる!憧れの片手懸垂のコツ!

こんにちは。ピンチです。 以前の記事で片手懸垂の練習方法を書いたのですが、後々に思ったことがあったので追記してみます。 www.wwwkiraku.com 以前書いた記事の中でコツをつかむ事が大切と書いてありますが、私もその時はあまり意識してなくて練習をして…

一度はやっておこう!片足スクワット!

こんにちは。ピンチです。 私は以前の記事でスラブ・水壁攻略法という記事を書きました。 www.wwwkiraku.com この記事の中で紹介してなかったのですがスラブ・水壁では保持力も必要ですが脚力が重要になってきます。 スラブなどでは特に重要で片足スクワット…

親指のトレーニングは必要か?必要です!

こんにちは。ピンチです。 普段クライミングで親指はあまり必要ないと思ってしまうかもしれません。 しかし、ピンチやプッシュなど親指がないと出来ない仕事がたくさんあります。 とくにクライミングジムなどの人工壁では親指の使用頻度が多く、親指のトレー…

意識すれば更にレベルアップ!クライミングでの小指の大切さ!

こんにちは。ピンチです。 小指ってあまり力が入らないしクライミングにおいて、あまり役に立ってないのかなって思いますよね。私もそう思ってましたが、どうやら違うみたいですよ。 あなたはホールドを持つときにどの指を意識していますか? 多くのクライマ…

クライマーはオーバートレーニング厳禁!

こんにちは。ピンチです。 クライマーなら誰しもが今よりももっと強くなりたいですよね。だから時間があれば無理をしてでもトレーニングをしてしまいます。気持ちはすごく分かります。 しかし、この行為は強くならないし故障の原因になる可能性があります。 …

強いクライマーの象徴、保持力!

こんにちは。ピンチです。 クライミングのトレーニングを何年もしていると、トレーニングがループします。 登れない課題があったときに自分に足りないものを感じてそれを補うためにトレーニングをしてできるようにしていくわけですが、クライミングってそれ…

簡単!前腕トレーニングにはパワーボール!

こんにちは。ピンチです。 クライミングを長年やっている大多数の人は、クライミングを始める前よりも前腕が太くなっていると言います。 という事は、前腕がクライミングには必要な筋肉であることを証明しています。なのでその部分を鍛えておくことは今より…

あなたもできる!ヒューマンフラッグ(こいのぼり)!

こんにちは。ピンチです。 クライマーがパフォーマンスのアピールによく使うヒューマンフラッグ(こいのぼり)はクライミングに直接的には関係ありませんが、トレーニングというか体の使い方の勉強という意味合いで出来て損なしと思います。 実際に多くのク…