クライミング持論!

クライミング・ボルダリングに特化したブログです。

持論

クライミング・ボルダリングの悪いところ!

こんにちは。ピンチです。 ネット等でクライミング・ボルダリングを検索するとその魅力と言うか良い事ばかりが書いてあるのをよく見ます。 そりゃ~クライミング・ボルダリングをやっている人からすれば、好きな事なので良い事しか書かないし関係者にしても…

クライミングに必要の無い筋肉!(こんなの誰が読むんだ?)

こんにちは。ピンチです。 クライミングは全身の筋力を使います。 しかしあまり大きすぎても意味のない筋肉もあります。 むしろ邪魔になる場合も・・・。 まあ、あくまでも私個人の意見ですが、必要だけど大きすぎると邪魔な筋肉は・・・ 大胸筋(胸) だと…

背中で保持する?!

こんにちは。ピンチです。 クライミングをしていると「背中で保持する」とか、「背中で止める」といった事をよく聞きます。 クライミング中級・上級者はこれを特に気にしなくても自然にできるし、この言葉の意味も何となく理解できると思います。 しかしクラ…

リードは○○が上手くないと話にならない!

こんにちは。ピンチです。 ここ10年でクライミングジムが増えたためにボルダリング専門のクライマーは多くなりました。 しかしリードをするクライマーはあまり増えません。 面白いのに・・・。 今回の「クライミング持論!」ではリードが始めたいというクラ…

指関節をあえて壊すという選択!

こんにちは。ピンチです。 私ピンチの手指の関節は、実はかなり壊れています。 両手の人差し指・中指・薬指の第一関節・第二関節はかなり変形していて、真っ直ぐ伸びる事もギュッとしっかりと握る事もできません。 普通に考えれば指関節の変形は良い事ではあ…

クライマーに伝わるリーチが伸びるという都市伝説!

こんにちは。ピンチです。 リーチ(両腕を広げた長さ)が伸ばせるものなら伸ばしたい! 多くのクライマーがそう思うでしょう。 私も伸ばしたいです! そんなみんなの願いもあってか、昔からクライマーの間ではリーチが伸びるという都市伝説がいくつかありま…

永久保存版!クライミングが強くなるただ一つの方法!

こんにちは。ピンチです。 今回の「クライミング持論!」では私が長年多くのクライマーを見てきて、例外もあるかもしれないけど、まず間違いない「クライミングが強くなるただ一つの方法」をテーマに語ってみたいと思います。 ユージ ザ・クライマー―世界最…

クライミングのハマり度を症状別に紹介!

こんにちは。ピンチです。 あなたはクライミングが好きですか? 今回の「クライミング持論!」では、クライミングのハマり度を症状別に紹介!というテーマで語ってみたいと思います。 ※あくまでも私個人の意見ですので、真剣にとらえないでください。 目次 …

意外と使える【ラップ持ち】!

こんにちは。ピンチです。 【ラップ持ち】クライマーなら誰もが知っている保持方法です。(呼び方は地方や世代にもよりますけど・・・) 今回の「クライミング持論!」では、意外と使える【ラップ持ち】!というテーマで語ってみたいと思います。 目次 どん…

クライマータイプ別の登り方!【低身長・ゴリマッチョ編】

こんにちは。ピンチです。 クライミングにハマると「もっと登れるようになりたい!」そう思うのが普通です! もっと登るためには多くの情報を知る事が近道となります。 最近はクライミングジムで先輩クライマーに直接教わる他にも、本や動画などから簡単に情…

クライマータイプ別の登り方!【低身長・瘦せ型編】

こんにちは。ピンチです。 クライミングにハマると「もっと登れるようになりたい!」そう思うのが普通です! もっと登るためには多くの情報を知る事が近道となります。 最近はクライミングジムで先輩クライマーに直接教わる他にも、本や動画などから簡単に情…

クライミングのできる!できない!の原因は○○次第!

こんにちは。ピンチです。 クライミングをやっていれば自然と得意なムーブや課題もあれば、逆に苦手なムーブや課題も出てきます。 実はこの事をあまく見ていると大きな落とし穴にはまり、クライミングのレベルアップに大きく影響してきます。 今回の「クライ…

パンプした時にあと一手ガンバって欲しい理由!

こんにちは。ピンチです。 登っている時に前腕がパンプしてくる事は、クライマーなら誰でも経験あると思います。 ほとんどのクライマーが前腕のパンプが起こる事で完登する事を諦めてしまいます。 しかしクライミングは、メンタルが結果を大きく左右するスポ…

ヒールフックはクセになる!

こんにちは。ピンチです。 あなたは、登る時にヒールフックって使っていますか? クライミングに絶対に必要なテクニックですが、使い過ぎると必要のない所でも出てしまいクセになってしまいますよ。 それでも登れれば悪い事ではないけど、やはり無駄のない登…

クライマータイプ別の登り方!【高身長・ゴリマッチョ編】

こんにちは。ピンチです。 クライミングにハマると「もっと登れるようになりたい!」そう思うのが普通です! もっと登るためには多くの情報を知る事が近道となります。 最近はクライミングジムで先輩クライマーに直接教わる他にも、本や動画などから簡単に情…

クライマータイプ別の登り方!【高身長・瘦せ型編】

こんにちは。ピンチです。 クライミングにハマると「もっと登れるようになりたい!」そう思うのが普通です! もっと登るためには多くの情報を知る事が近道となります。 最近はクライミングジムで先輩クライマーに直接教わる他にも、本や動画などから簡単に情…

一流クライマー(アスリート)は恋愛をすると弱くなる?!

こんにちは。ピンチです。 恋愛をするとクライミングが弱くなってしまうのではないか? これは私の持論ですが、クライマーに限らず様々なスポーツのアスリートにあてはまると思います。 ただし、これはクライミングやその他のスポーツに真剣に取り組んでいる…

コロナ太りからクライミングの才能を見極める!

こんにちは。ピンチです。 2020年・・・新型コロナウイルスの影響で多くの事が自粛となりました。 一部の自粛は現在も続いていて、この先いつまで続くのかも分かりません。 そんな中でクライマーから【コロナ太り】をしたという声をよく聞きます。 クライマ…

クライマーの意外な弱点!

こんにちは。ピンチです。 最近、私は気付いてしまいました。 クライマーの意外な弱点に・・・。 今回の「クライミング持論!」では、クライマーの意外な弱点!というテーマで語ってみたいと思います。 目次 クライマーの意外な弱点はいつも背中側! 薄毛! …

アンダーホールド保持のコツ!

こんにちは。ピンチです。 アンダーホールドを保持するのが苦手なクライマーって意外と多いみたいですね。 アンダーホールドに苦手意識を持つクライマーには女性クライマーが多く、男性クライマーに比べて腕力の劣る非力なクライマーが多い気がします。 アン…

クライミング歴が長いクライマーの即効レベルアップ方法!

こんにちは。ピンチです。 ある程度クライミング歴の長いクライマーは、目に見える程の大きなレベルアップが難しくなってきます。 そりゃそうですよね。 課題も難しくなるし、今までもいろんな努力を重ねてきてる訳ですから、それ以上にレベルアップを望むの…

筋肉は鍛えるだけではダメ!

こんにちは。ピンチです。 クライマーだけでなく老若男女、多くの人が健康や体型維持や趣味などで筋トレをしています。 しかし、多くの人が筋トレするだけでそれ以外の事はやってません。 筋肉は鍛えるだけではダメなんです! 筋トレの効果も薄れますし、ケ…

私のクライミングバイブル【パフォーマンスロッククライミング】!

こんにちは。ピンチです。 私がクライミングを始めて多くの先輩クライマーにたくさんの事を教わってきました。 しかし、本から教わった事もたくさんあります。 今回の「クライミング持論!」では、私のクライミングバイブルについて紹介してみたいと思います…

私は認めない!クライミングのズルい登り方!

こんにちは。ピンチです。 自覚があるのか?ないのか?かなりズルい登り方をするクライマーって結構多いです。 そんなズルい登り方をするクライマー撲滅のためにも今回の「クライミング持論!」では、【私は認めない!クライミングのズルい登り方!】という…

リード5.11台を登るのに必要な事!

こんにちは。ピンチです。 リードクライミングを始めたクライマーの多くがまず最初にぶち当たる壁がグレードで5.11台です。 その中でもグレードは細かく分けてあり、11a・11b・11c・11dの4つに分けられます。 ちなみにa⇒b⇒c⇒dの順に難しくなっていき…

筋トレをしていて気が付いた事!

こんにちは。ピンチです。 私は現在クライミングジムに行くのを少し自粛しているため、自宅での筋トレの時間が多くなっています。 それで筋トレをしていて気が付いた事があるんです。 今回の「クライミング持論!」では、私が筋トレをしていて気が付いた事!…

クライミングに必要なのは速筋か?遅筋か?

こんにちは。ピンチです。 あなたは【速筋】と【遅筋】ってご存知でしょうか? 筋肉は大きく分けると【速筋】と【遅筋】のふたつに分ける事ができます。 それぞれ特性が違い、競技によって必要な筋肉が異なります。 では、クライミングにはどちらの筋肉が必…

クライミングはボルダリングよりもリードから始めた方が良い理由!

こんにちは。ピンチです。 ここ数年でクライミングを始めた人のほとんどは、ボルダリングから始めたかと思います。(そしてそのままボルダリングしかしていないというクライマーも多くいる事でしょう。) 数年前はちょうどクライミング・ボルダリングジムが…

クライミングでの故障は負の連鎖が原因!

こんにちは。ピンチです。 クライミングで故障しているクライマーってハッキリ言って多いです。 クライマーってほとんど全員が何らかの故障をしているじゃないかなっていうくらい体のどこかに問題を抱えています。 しかしその多くの故障の原因は突発的なもの…

骨太ゴリマッチョがクライミングをしない方が良い理由!

こんにちは。ピンチです。 クライミングは老若男女どなたでもできるスポーツです。 しかしクライミングを楽しむ以上にコンペで勝ちたいとか、高グレード課題を登りたいという目的であるとやはり体型を選びます。 極端な話、関取のような体型ではクライミング…