クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

クライミングがトップレベルに強くなりたいなら遅くても10歳から始めよう!

こんにちは。ピンチです。 クライミングは何歳から始めても楽しめる趣味ではありますが、やはり本当に強く(トップレベルに)なりたいのであれば遅くても10歳ぐらいから始めた方がいいと思います。 それでもかなりの努力が必要になりますが、将来的に強くな…

初めてのクライミングジム!登り方やルールなど

こんにちは。ピンチです。 今回はこれから初めてクライミングジムへ行こうとしている人達に向けて、クライミングジムで壁を登る方法やルール等を簡単に説明していこうと思います。 まず服装や料金などはこちらをご覧ください。↓ www.wwwkiraku.com で、いざ…

クライミングのトレーニング実は・・・

こんにちは。ピンチです。 クライマーのあなたは強くなるため日々トレーニングをしている事でしょう! 現在行われているクライミングのトレーニングって実は20年以上前から行われているものが多くほとんど変わってないんです!もしかしたらもっと前からかも…

クライミングを始めるのに筋肉は必要なの?初心者の素朴な疑問!

こんにちは。ピンチです。 これからクライミングを始めたいと思っている人や初心者クライマーが疑問に思っているクライミングを始めるのに筋肉は必要なのか?という素朴な疑問にお答えしていきます。 結論はズバリ! 最初は筋肉いりません! いや!むしろ無…

常に新しい刺激を!体は負荷に慣れると成長しなくなる!?

こんにちは。ピンチです。 私もそうなんですが、一度クライミングのトレーニングを決めると同じことばっかり続けてしまいます。というか負荷や回数や時間等が伸びないので、同じことばっかりやっている事になります。 体は常に新しい刺激を求めていて、トレ…

リードクライミング初心者向け!危険を知り事故を防ごう!

こんにちは。ピンチです。 ボルダリングよりも高度の高くなるリードクライミングは気を抜くと大怪我につながってしまう事もあります。危険を知っておくことでより安全にリードクライミングを楽しみましょう! スポーツクライミング 「リード」 上達バイブル …

ボルダリング初心者向け!危険を知りケガを防ごう!

こんにちは。ピンチです。 ボルダリングは絶対に安全と言う訳ではありません。 ケガや事故の事例を知っておき予測をする事で、ケガなどを防ぎ楽しく登っていただきたいと思います。 今回はジム等で最初に読む最低限の事以外の危険な事例を紹介していきたいと…

クライマーの立甲!メリットと練習方法

こんにちは。ピンチです。 以前の記事でも書いた通り、立甲によるメリットは計り知れません! www.wwwkiraku.com しかし、やっぱりまだ誤解しているクライマーが多くいるので補足していきます。 【立甲】は【肩甲骨を立てる事】ができるようになることだけが…

トレーニングジム通いが続かない理由!ダイエット、運動不足にはクライミングがオススメ!

こんにちは。ピンチです。 ダイエットや運動不足などでトレーニングジムへ通っている人はとても多いです。 しかし、長続きする人は少ないでしょう! なぜかというと、それはただトレーニングしているだけでは目標が無く楽しくないからです! 寝ている間の燃…

ボルダリングコンペでの戦略!

こんにちは。ピンチです。 ボルダリングコンペでは実力ももちろんですが、ある程度の戦略を考えておく事も必要です。(あなたが圧倒的に強くて、力の差がある場合はそんな戦略は不要ですが…。) 今回は私のボルダリングコンペでの戦略を紹介します! コンペ…

クライミングを知らない人が誤解している事!

こんにちは。ピンチです。 クライミングを知らない人が誤解している事があります。 テレビやインスタ・YouTube等でボルダリングの動画を見ると飛びついたり派手なムーブ(動き)で腕の力を使って登るような物が多いです。確かに見栄えが良くカッコイイですか…

クライミングの故障予防とパフォーマンスアップ!アップとダウン!

こんにちは。ピンチです。 あなたはアップとダウンしっかりと行っていますか? 実は私も何年か前まで一切していませんでした。しかしアップとダウンを行うようになって良くなったと体感できる事が何点かありますので、紹介してみます。 準備運動・整理運動 (…

クライミングのトレーニング頻度を見直そう!

こんにちは。ピンチです。 あなたのトレーニング頻度はどれぐらいですか? トレーニングの頻度が適正かどうかというのは、判断がすごく難しいです。 身体に不調な箇所が無く、強くなっているのならば適正でしょう! しかしどこかが痛くなったりしているよう…

やっぱりビーストメーカーが好き!

こんにちは。ピンチです。 題名の通りです!ビーストメーカーが好きです! プロ、アマ問わず愛用者多いですよね。 そもそも、使っているクライマーが多い時点で信頼性は高いんですよ! 私は最初、メトリウスやmoonなどのフィンガーボードを使用していました…

クライマーにオススメの自動車!

こんにちは。ピンチです。 クライミングを楽しむクライマーにとってジムや岩場に移動するために自動車はあるととても便利な道具です。 では、どんな自動車がいいのか? ズバリ、軽バンです! 軽ワンボックスSTYLE BOOK Vol.6 エブリイ大特集6:リフトアップ+…

クライミングのグレードってリーチによって異なる問題!

こんにちは。ピンチです。 クライミングで無くならないのが、リーチ(手の長さ)の問題です! リーチ、身長って課題の難易度を大きく左右します! 例えば、次のホールドをとった時に両手がホールドをしっかりと保持できるクライマーと次のホールドをとった時…

外岩へ行った事の無いクライマーが登れるグレードは?どのくらい?

こんにちは。ピンチです。 ジムのボルダリンググレードは外岩グレードとかなりのズレがあります。 外岩グレードが基準でそれに合わせるべきだと思うのですが…。 私の感覚的にほとんどのジムグレードは外岩の同じグレードと比べて2グレードぐらい上のグレード…

クライマー必見!最強のホールディング【オープンハンド】

こんにちは。ピンチです。 長年にわたりクライミングをやってきて思うのですが、ホールディングはやはり【オープンハンド】が基本にして最強のホールディングだと思います。 私のオープンハンドの定義は、手の人差し指・中指・薬指のどれか1~3本の第一関節…

クライミングって何が楽しいんだ?そう思っている人に魅力を紹介!

こんにちは。ピンチです。 クライミングの何が楽しいんだ? そう思っている人多いと思うんですよ。ただ登るだけですし… 今回はそう思っている人に向けてクライミングの魅力を紹介してみたいと思います! ボルダリングレース 【日本おもちゃ大賞2019 コミュニ…

お手軽なクライミングシューズのお手入れ方法!

こんにちは。ピンチです。 突然ですが、クライミングシューズってお手入れしていますか? 登りっぱなし使いっぱなしですごく汚れているのに、車に置きっぱなしのクライマー多いんじゃないでしょうか? それはあまりよくありませんね。 クライミング後はシュ…

クライマーにとって一番つらいのはレスト日を過ごす事!

こんにちは。ピンチです。 クライマー(人間)であればレスト(休息)日は必ず必要です。 レスト日はとても大事な事で体力の回復と共に損傷した筋肉や腱の修復を行い更に強くする時間です。休んでいる時間も体の中では強くなるために修復等、ガンバっている…

キッズクライマーの親がヤバすぎる!

こんにちは。ピンチです。 最近クライミングジムでキッズクライマーの育成が行われている事が多くなってきました。若いうちからクライミングに興味を持つのはありがたい事だと思います。 しかし、キッズクライマーの親がヤバすぎます。 理不尽な保護者への対…

憧れの片手懸垂!練習方法

こんにちは。ピンチです。 片手懸垂はある程度の筋力はもちろん必要ですが、コツをつかむ事が大切であると思います。広背筋等背中の筋肉を意識して力を入れる事ができるようになると徐々に慣れてくると思います。 力が入らないのはその筋肉を使っていなかっ…

オープンハンド⇔クリンプ 指を鍛えるトレーニング方法!

こんにちは。ピンチです。 オープンハンドとクリンプ(カチ持ち)は両方を鍛えておくべきで、また途中で使い分ける事ができるようにしておくことでホールディングの幅が広がり課題が安定して登れるようになるでしょう。 そこでオススメなトレーニング方法が…

プライドの高い人はクライミングに向かない!

こんにちは。ピンチです。 クライミングに向いている人は、どんな人でしょうか? それはクライミングが好きな人です! じゃあ逆にクライミングに向いていない人は、どんな人でしょうか? それはたぶんクライミングが嫌いな人でしょう! 当たり前の事ですね。…

クライミングのモチベーションが上がらない時にする事!

こんにちは。ピンチです。 クライミング・ボルダリングでどうしてもモチベーションの上がらない時ってありますよね。 そんな時にはどうすればいいのか?正解は人それぞれだと思うので、ヒントになる事をを書いてみたいと思います。 まず最初にモチベーション…

拮抗筋も鍛えて更に強くなろう!

こんにちは。ピンチです。 突然ですが、拮抗筋ってご存知でしょうか? 筋肉を使う時に力を入れて収縮(縮む)している筋肉を主動筋と言い、その反対に伸展(伸びる)している筋肉を拮抗筋と言います。 例・ダンベルを手に持って肘を曲げると上腕二頭筋が収縮…

【ボルコン】ボルダリングコンでの登り方?!

こんにちは。ピンチです。 巷では【ボルコン】すなわち、ボルダリングコンなるものがあるようです。男女が出会いを求めてボルダリングを楽しみその後に食事などをする催しのようです。 とても楽しそうだ! 【瞬時測定】 携帯ブレスチェッカー デジタル口臭チ…

クライマーのためのジムマシントレーニング!

こんにちは。ピンチです。 私もたまにですがトレーニングジムへ行く事があります。 主にジムマシンでのトレーニングをするのですが、結構面白くていろいろやっているのでクライマーのためのジムマシントレーニングを紹介してみたいと思います! 自重トレーニ…

ボルダリングは30秒トレーニングを意識してみよう!

こんにちは。ピンチです。 ジムでのボルダリングで、1課題を登る時間は長くても30秒程です! そこでその30秒間連続でパワーを出せるようにしておくトレーニングを私は推奨します。 ボクサーが3分間のトレーニングをするのに似ていますね…。 honmax 防水イン…