クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

お手軽だけど効果絶大!デッドハングのバリエーション

こんにちは。ピンチです。

 

 

あなたはデッドハングってご存知でしょうか?

 

デッドハングとは、ぶら下がるトレーニングの事です。

単純にぶら下がれるホールドが増えたり、長くぶら下がっていられるようになればいままで登れなかった課題が登れるようになります。

以前に5級攻略のための鉄棒やガバホールドのデッドハングトレーニングを紹介しましたが、今回の「クライミング持論!」ではもう少しレベルを上げて高グレード攻略に焦点をあてたデッドハングのバリエーションを紹介をしていきます。

 

純粋に保持力が強いクライマーはカッコイイです。

www.wwwkiraku.com

 

目次

 

 

 

自重デッドハング!

ウエイト(重り)などを使わずに普通に両手でぶら下がります。

デッドハングにあると便利なのが、各メーカーから販売されているフィンガーボードです。

ガバ・ポケット・スローパー・カチ・ピンチまでさまざまなトレーニングができます。レベルや用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

ちなみに私のお気に入りは【ビーストメーカー2000】です。

入門用に【ビーストメーカー1000】もオススメです。

Beastmaker 2000

Beastmaker 2000

  • メディア: その他
 
Beastmaker(ビーストメーカー) 1000シリーズフィンガーボード

Beastmaker(ビーストメーカー) 1000シリーズフィンガーボード

  • メーカー: Beastmaker(ビーストメーカー)

www.wwwkiraku.com

 

私はボルダリングで1つの課題を落とすのにかかる時間を長くても約30秒と想定しているため、1セット30秒としてデッドハングをしています。

つまり1回30秒間ぶら下がるのが限界になるようにしています。

 

30秒デッドハングが楽に出来る様になってきたら次のステップへ!

ホールドを悪くする、加重する、片手等々・・・。

 

 

加重デッドハング!

続いては加重デッドハングです。

今まで自重だけでやっていたトレーニングにウエイト(重り)を加重してデッドハングトレーニングをします。

これも30秒間ぶら下がりますが負荷が強いので故障しないように少しづつ加重していきましょう。

 

このときに加重ベストではなく、クライミング用ハーネスや加重トレーニング用のハーネスを使用しておもりを腰に下げるようにした方が安全でトレーニングがやりやすいです。

その方が、加重懸垂の時にも使い易いですよ。

 

私はホールドにもよりますが30㎏加重はできます。

数秒間なら60㎏加重もできます。ガバホールドなら片手でももっと行けるかな?

加重デッドハングで注意してほしいのは、おもりの重量で腰を痛める危険があるのとオープンハンドで保持をすると指皮が裂ける恐れがあります。

また、不意に手が滑った時も指皮ベロンチョしてしまいますので、注意してください。

 

指も痛めやすいので無理せずにゆっくりと鍛えていきましょう!

指皮のケアも忘れずにしてください!

www.wwwkiraku.com

 

 

片手デッドハング!

デッドハングで最終的にやってほしいトレーニングが片手デッドハングです。

その名の通り片手でぶら下がります。

片手デッドハングは体のバランスも重要で、少々慣れも必要かもしれません。

これも自重で1回30秒を目標にしていくと良いと思います。

クリアできたらホールドを悪くしてチャレンジしてみましょう。

またトレーニングの別バージョンで30秒がクリアできたら使っていない方の手にウエイト(重り)を持って加重していくのもとても良いトレーニングになるでしょう。

片手デッドハング、詳しくは下の記事を参照してください。↓

www.wwwkiraku.com

 

また全てのデッドハングのバリエーションに言えますが、指の故障予防のため基本オープンハンドで保持をします。(カチ持ちのトレーニングの時はカチ持ちをしてください。)

肘の角度も真っ直ぐ伸ばした状態や90度に曲げた状態また完全に引付けた状態など3パターンぐらいはやっていきましょう!

f:id:hojirimakuri:20190831094244p:plain

指を強くするのには時間がかかります。

強くなるためのトレーニングで故障をしては本末転倒なので注意してトレーニングをしてください。ガンバ!

栄養補給と回復もお忘れなく!