クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

私が思うボルダリングの各グレードの感想

こんにちは。ピンチです。

 

私が勝手に思っているジムでのボルダリングの各グレードの感想を勝手に紹介してみます。(出来るとこまで)外岩は別です。

 

 

 

Jack中根のクライミング道場 目からウロコが50枚 もっとうまくなるための50のTIPS!

Jack中根のクライミング道場 目からウロコが50枚 もっとうまくなるための50のTIPS!

  • 作者: 中根穂高(ジャック中根),江崎善晴
  • 出版社: 山と渓谷社

 

 

 

 

7級

初めてボルダリングをしたほとんどの人が最初に登れるグレード。しかし初めての人は前腕がパンプしてしまい後半になると登れなくなるでしょう。

 

6級

初めての人だと登れる人は少なくなってくるグレードです。初めての人は後半になるとまず登れないでしょう。

 

5級

足も限定になり力ずくでも登れますが、この辺りのグレードからムーブを使うようになると楽に登れるようになります。

初めての人でも少数ですが登れる人はいるでしょう。

5級が1日で何本も落とせるようになると初級者卒業でしょう。

 

4級

5級が連続して落とせるようになってきたら、4級に手が届くようになってくるでしょう。

5級よりも保持力が必要になってきますが、ムーブで体をうまく使えるようになってくると意外と力を使わずに落とせるようになるでしょう。

初めての人でも落とせる場合がありますよ。私はできました!

 

3級

3級の辺りで一度大きな壁にぶち当たる人が多くなります。

普通の人がそもそも持てないようなホールドが出てきますので、保持力が少々必要です。しかし、諦めなければ落とすことができるでしょう。

3級落とせたら中級者です。

3級は初めての人はまず登れないでしょう。私は見たことがありません。

 

2級

「できる課題」と「できない課題」がハッキリと分かれてくる気がします。

2級で不得意な壁やムーブを克服せずスルーして先に進むと後々に響いてくるでしょう。

よくあるのが壁だとスラブ・水壁が苦手なクライマー。

ムーブだとダブルダイノ・コーディネーション等が苦手なクライマー。

食わず嫌いにならずしっかりと練習してから1級へ進みましょう!

 

1級

ここでまた多くのクライマーが文字どおり壁にぶつかるでしょう。ここからは一つグレードが上がるごとに壁にぶつかります。

ハッキリ言って1級は難しいです。コンスタントに1級を落とせるクライマーは上級者と呼べるでしょう。

1級を越せるようになるクライマーはグッと少なくなってきます。

 

初段

1級をコンスタントに落とせるようになってきたら、初段もボチボチ落とせる課題が出てくるでしょう。

初段をコンスタントに落とせるクライマーは相当強いです。地元じゃチョットした有名人クラス。

 

二段

ジムの二段は、不可能かと思わせるような課題が出てきます。

得意系ならギリ落とせるかも!コンスタントに落とせたらセミプロクラス!

岩ならまだ登りやすいです。

 

 三段

ジムの三段はできる気がしません、岩なら打ち込めばなんとかなるでしょうが…。

コンスタントに落とすことができたらプロクラス。

 

四段

ジムに無い!

岩なら課題を狙って通いこめば…。つまらんけど。

 

と私が勝手に思ったジムのグレードの感想でした。途中岩出てますが…。

あくまで個人の感想でした。

 

 

 

クライマーズ コンディショニング ブック

クライマーズ コンディショニング ブック

  • 作者: 菊地敏之,前之園多幸,六角智之
  • 出版社: 山と渓谷社