クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

私の考える憧れのクライマー体型!

こんにちは。ピンチです。

 

 

あなたは理想とする体型はありますか?

 

私はクライミングで理想とする体型があります。

クライミングは、体型が大きく影響するスポーツですからね。

(スポーツの多くはそうですが・・・。)

私がもしこんな体なら・・・と憧れてしまう訳です。

 

今回の「クライミング持論!」では、「私の考える憧れのクライマー体型!」について語ってみたいと思います。

 

 

目次

 

 

 

私の憧れるクライマー体型! 

私のような体格に恵まれないクライマーは、日々妄想をします。

身長がもっと高ければ…とか

リーチがもっと長ければ…とか

体重がもっと軽ければ…とか

 

私の考える憧れのクライマー体型を紹介します。

まず身長は

175㎝!

体重は

55㎏!

リーチは

180㎝!

 これが私の憧れる理想体型です。

まあでもこれだけは、どれだけ憧れても不可能なんですけどね。

生まれ変わる以外に方法はない!だから考えても時間の無駄なんですけど・・・。

大人になってから身長を伸ばす方法

大人になってから身長を伸ばす方法

  • 作者: 真仙明
  • 出版社: 真出版
  • メディア: Kindle版

f:id:hojirimakuri:20190831095642p:plain

すぐにクライミングを始めなさい!

絶対登れるスペックじゃん!

上記のスペックに近い人はすぐにクライミングを始めてみてはいかがでしょうか?

やる気次第でかなり登れるようになりますよ。たぶん。

と言うかコンペなどでは確実に有利になります。

生まれ変わったらこのスペックを希望します。お願いします!

でもちょっとガリガリだな?

登れるけど、クライミング以外では活躍できなさそうな・・・。

 

 

クライミングは体型別競技に! 

クライミングって本当に楽しいですが、コンペなど競技としては不平等でまだまだ不完全だと思います。

クライミングの体格差って競技に大きく影響します。

人が作った課題を人が登る訳ですから!

小学生などの成長期はやはり身長やリーチが異なるのでカテゴリーが細かく分かれています。これは身長やリーチが競技に大きく影響する事を示しています。

実際に身長やリーチ問題は、クライミング日本代表の選手も問題にしています。

これからもっとメジャースポーツにしていくためにはその辺を考慮してもいいのかなと思います。

そのうちに身長別やリーチ別といったカテゴリー分けが出来るまでは上記のスペックがいいですね。

クライミングは、体型別でカテゴリー分けする競技にするべきではないでしょうか?

  

・・・でもよく考えたら、五体満足で健康な体があるだけでも十分に幸せな事ですよね。

贅沢を言ってはいけませんよね。わがまま言わないで今回の人生は今あるこの体で全力を尽くします。

身長、リーチは無理でも体重ぐらいは多少変えれるでしょうから。

バカな事考えてないでトレーニングしよっと!

でも、体格カテゴリー分けはそろそろ考えても良いのではないかと思います。

他の国際的にメジャーなスポーツでは当たり前なのにね・・・。