クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

強くなるためにジム遠征をしよう

こんにちは。ピンチです。

 

 クライミングを始めて最初のうちはホームジムだけで十分でしょうが、数ヶ月経つとそのうち課題の頭打ちや慣れからのマンネリ化に陥ってきてしまいます。

そこでオススメなのが、ジム遠征です。

ワークアウトで120%のパワーを発揮したい方へ

 

 

 

 

 

普段平日は仕事などで忙しく時間もないので最寄りのクライミングジムでトレーニングで良いと思いますが、週末に岩やコンペの予定が無いのであればジム遠征をするべきであると思います。

 

ある程度強いクライマーは遠征を多くしていると思いますが、登りに自信がないクライマーも知らないジムへ遠征する事をオススメします。

そのメリットとして、ジムそれぞれで課題の性質が異なるのでいろいろなタイプの課題ができるという事です。クラシックな真っ向勝負フィジカル保持課題が得意なジムや今どきのコーディネーション系課題に特化したジム、ボリュームのあるホールドを多用したジム等々たくさんの課題を経験してこなすべきだと思います。また、セッターも違えば壁も違うしホールドの種類もそれぞれ違い発見が多いです。

 

f:id:hojirimakuri:20190831100208p:plain



仲間どうしで遠征すれば初めてのジムでも行きやすいと思いますが、一人でも大丈夫です。私はむしろ一人のがいいのではないかと思います。仲間で遠征するといつものメンバーでしか登りませんが、一人だとそのジムの常連さんをはじめ顔見知りが増えていきます。いろんなジムにクライマーの知り合いが多い方がモチベーションも上がりメリットが多いです。

 

近年全国でクライミングジムが増え続けていましたが、増え続けた結果クライマーが分散し最近では閉めるところも出てきてしまいました。良いジムも多いのでさみしい話です。
それぞれ閉店する事情もいろいろとあると思いますが、客が入らずに経営が厳しいというジムも多々あります。なので、クライマーがジム遠征することでクライマーは強さを、ジムは収入を得ることができお互いのメリットになると思います。

どんどん遠征して、クライミング環境を守りつつ強くなりましょう!

さぁ、明日はどこへ行こうか?