クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

人と違う事を!倒立トレーニング

こんにちは。ピンチです。

 

クライミングに倒立って関係なさそうですけど、普段使う筋力の逆方向に力を入れる事が出来て拮抗筋を刺激する事ができると思います。また、体幹を鍛えられることでバランス感覚を養う事もできます。

クライミングっていろんな体の可能性を試すスポーツだと思いますので、体一つでできる事って何でもできた方が有利になると思います。倒立自体はムーブとしてはほとんど使わないですが…。

 

倒立トレーニングで鍛えられる筋肉

  • 肩(三角筋)

  • 上腕三頭筋

  • 脊柱起立筋

  • 腹直筋

  • 腹斜筋

まずは倒立が出来ないと話にならないのですが、最初は丈夫な壁を補助にして倒立の練習をしてみましょう。周囲に何も無い安全な場所で転倒に備えてマットなどがあると良いと思います。

壁を補助にして倒立ができるようになってきたら1分~2分連続で行えるようにしていきます。

プッシュアップバーがあるとやりやすい場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

次にいよいよ壁の補助なしで倒立する練習をしていきます。

壁から手のひら2つ分程離れたところに手をついて倒立をします。手の間隔は肩幅。

壁についている足の片方を離して体と真っ直ぐにします。そして、もう片方の足を壁から少しづつ離して、壁無しの倒立ができるようにバランスをとる練習をしていきます。

バランス感覚の良い人はすぐに慣れるかもしれませんが、普通の人は倒立の感覚に慣れるまで少々時間がかかるでしょう。

そして壁の補助無しでの倒立が長い時間できるようになってきたら、足をわざと横に傾けたりしてバランスをとるトレーニングをしてみてください。バランスを崩しやすいので横に転倒しないように周囲等にも注意してください。

f:id:hojirimakuri:20190831100511p:plain



 

 

これはまだ私もできないのですが、片手で倒立中に足を傾けてトレーニングをしている人もいます。ここまでできると凄いですね!

f:id:hojirimakuri:20190831100528p:plain



 

 

広めのスペースがあれば、自重でのトレーニングのため器具も必要無くお手軽ですので、興味のある方はお試しください。とはいえ、多少の危険はありますので十分に注意してください。

 他のクライマーと同じトレーニングをしていても同じ道を通るだけ違った事で見えることもあるかもしれませんよ!