クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

クライミングは手指、足指を器用にすると強くなる!

こんにちは。ピンチです。

 

 

クライミングではムーブにもよりますが多くの場合、手の指と足の指をメインで使います。

という事は手の指と足の指が強ければもっと登れるようになるのではないでしょうか?

しかし、指を鍛えることは大変で多くの時間をかけて鍛えていかないと故障につながったりしてしまいます。

 

そこで私が提案したいのが指を鍛えるのではなく、指を器用にするトレーニングです。

 なぜ器用にすると強くなるのか?

 

器用=各指に独立して力が入れやすい!各指に独立して力が入りやすい!

 

と私は思っています。

普通は各指を独立して器用に動かそうにも、上手く力が伝わらないどころか神経が繋がっている感じがせずに動かす事すら出来ません。

だから指を自由に器用に動かせるという事は力が入れられる準備ができているんだと私は思います。

その準備をするのが指を器用にするトレーニングです。

 

目次

 

 

 

指を器用にするトレーニング方法!

指を器用にする事にメリットはありますが、そう簡単な事ではないので継続する事が大切です。

なので、気長に続けていってもらえたらと思います。

指のトレーニングならどこでもできるので、通勤中や会議中等々・・・退屈な時にいかがでしょうか?

 

指1本づつ曲げ伸ばし

  1. 手をパーに開きます。
  2. 指を順番に1本づつ曲げ伸ばしを2~3回していきます。
  3. 1・2を両手の全ての指で順番に行います。

指1本づつ曲げ伸ばし逆バージョン

  1. 手をグーに閉じます。
  2. 指を順番に1本づつ伸ばして曲げるを2~3回していきます。
  3. 1・2を両手の全ての指で順番に行います。

動かそうとしていない他の指がついてくる時やまっすぐ伸びない時は片方の手で補助をしてあげるといいと思います。

親指タッチ

  1. 手をパーに開きます。
  2. 人差し指と親指の指先をタッチさせて、また手をパーに開きます。
  3. 2を2~3回繰り返します。
  4. これを順番に両手の人差し指、中指、薬指、小指まで行います。

指先をタッチさせたら毎回しっかりとパーの状態に開きましょう!

 

足指編

  1. 足指でグー・パーをします。

できない人多いですので、できない人はひたすら練習を!

最初は手で補助をしてもいいと思います。

足指応用編

  1. 床にボールペンを置きます。
  2. ボールペンを足指で取り、持ち上げます。

簡単に感じる人はもっと持ちにくい物でも良いかもしれませんね。

立ってやった方がやりやすいですが、転倒する危険性も考えられるので不安な人は座ってチャレンジしてください。

女性がこのトレーニングをしていると知らない人が見るとはしたないと思われるかもしれないので嫁入り前には注意が必要です。

 

 

今回は初級編で比較的に簡単に見えるトレーニングですが、やってみると結構難しいです。

あんまり真剣になりすぎると「キーっ!」ってなりますので、楽しみながらトレーニングしてください。

リハビリとかってこんな感じなんでしょうね。

自分の意志で自由に動かないのは、本当にツラいです。

 

指をそれぞれ独立して動かせるぐらいに器用になれば、それぞれの指に力も入りやすくなると思います。

しかもあまり指に負担をかけずに毎日場所を選ばずにできて、血行を良くする運動としても回復効果やストレッチの効果等も期待できるのではないかと思いますので、興味のある方はぜひお試しください。

一日10分 家庭で行う手のリハビリ

一日10分 家庭で行う手のリハビリ

 
脳卒中マヒが改善する! 腕と指のリハビリ・ハンドブック (健康ライブラリー)

脳卒中マヒが改善する! 腕と指のリハビリ・ハンドブック (健康ライブラリー)

  • 発売日: 2011/09/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)