クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

強いクライマーの象徴、保持力!

こんにちは。ピンチです。

 

 

クライミングのトレーニングを何年もしていると、トレーニングがループします。

登れない課題があったときに自分に足りないものを感じてそれを補うためにトレーニングをしてできるようにしていくわけですが、クライミングってそれが基本だと思います。

  • 「パワーが足りない」
  • 「保持力が足りない」
  • 「柔軟性が足りない」
  • 「瞬発力が足りない」等々…

そして、このトレーニングループを繰り返してどんどんと強くなっていきます。

限界もありますけど…。

 

 

私もそんなループを何順も繰り返しているうちに「保持力が足りない」と感じるのが多いことに気が付きました。

ボルダリングでもリードでも岩でも…。

保持力だけではどうしようもない課題もありますが、大半の課題は圧倒的保持力があることで解決できる事があります。それは、保持力でムーブを簡単に崩すことが出来るからです。

じゃあ保持力だけをだけトレーニングして強くすればいいのか!と思うかもしれませんが保持力をつけるというのは、とても難しい事で簡単ではないんです。

だから、足りない保持力をムーブ等でカバーするわけです。

良く言えば上手く!悪く言えば誤魔化す!

 

 

私はクライミングの

【強さ】

とは、保持力だと思っています。

 

強いクライマーだ!といちばん感じる瞬間って

【保持力】

です。(私はね。)

 

 

私は上手いクライマーと強いクライマーどちらになりたいか?と聞かれれば絶対に強いクライマーを選びます。

誰が言ったか分からないけど、こんな言葉があります。

「上手いクライマーは人を感心させるが、強いクライマーは人に感動を与える。」

確かに!圧倒的な強さのクライマーを見ると感動する!

真っ向勝負しているクライマーを見ると力がもらえるし、応援したくなる!

この言葉を聞いてから強いクライマーへの憧れが止まりません。

けっして自分が満足するほど強くはなれないでしょうが、精進していきます。

あなたも最強の保持力を目指してください。強いクライマーになりましょう!

ちなみに課題にもよりますが、保持力だけが極端に強いだけであっさり高グレードが登れてしまう事があります。かなり偏ってますけど、それも才能です。

 

ちなみに保持力を鍛える方法は千差万別ですが、私はビーストメーカー押しです!

 

Beastmaker 2000

Beastmaker 2000

  • メディア: その他
 

 

www.wwwkiraku.com

www.wwwkiraku.com

www.wwwkiraku.com

www.wwwkiraku.com

www.wwwkiraku.com