クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

クライマーはオーバートレーニング厳禁!

こんにちは。ピンチです。

 

 

クライマーなら誰しもが今よりももっと強くなりたいですよね。だから時間があれば無理をしてでもトレーニングをしてしまいます。気持ちはすごく分かります。

しかし、この行為は強くならないし故障の原因になる可能性があります。

 

なぜかというとクライマーは、指ばかりを鍛えようとするからです!

確かに指を鍛えるという事は強さに直結するので大事なんですが…。

 

指のトレーニングは大きな負担が掛かります。指の関節や腱は回復に時間が必要ですのでトレーニングのやり過ぎはオーバートレーニングとなりダメージが蓄積して結果として強くなるどころか故障をしてしまいます。故障をすれば当分の間、登る事が出来ず弱くなってしまいます。

週3~4登っているクライマーは、指は回復させることがトレーニング!と思うのも良いかもしれません。(登っている時間や内容にもよりますけど・・・。)

よく、週に15時間程をクライミングにあてると良いと言われています。人にもよると思いますが参考にしてみてください。ちなみに私は週に12~3時間。

脅かすわけではないですが、指の故障はホントに突然きますからね。

 

毎日のようにトレーニングをして負荷に指を慣れさせようと考えるクライマーもいると思いますが、多くの場合で毎日できるようなトレーニングでは負荷が弱すぎて効率が悪いです。これだと毎日トレーニングを継続しても思ったほど強くならずモチベーションが下がってしまいますし、効率が悪いので時間も無駄にしてしまいます。

 

毎日効率よくトレーニングをするのならある程度の負荷をかけ、連日同じ部位を鍛えるのではなくトレーニングする部位をかえながら休ませる部位はしっかりと休ませる事が大切です。筋肉は負荷と栄養と休息が揃って育ちますので、効率良くトレーニングをしましょう。

 

 

なのでトレーニングできる時間があるのなら指以外のトレーニングを!(週1しか登れない人はまた別の話ですが…)

クライマーはクライミングのトレーニングを指をいじめる事だけがトレーニングと思い込んでいますが、他にもトレーニングをする部位はたくさんありますのでそちらのトレーニングをする方が結果強くなるかもしれません。

 

指のオーバートレーニングを見極めるのは難しいですが、痛みや違和感があるのならトレーニングや登るのは逆効果になるでしょう。一度故障してしまうとくせや恐怖感などが残りますので、故障をしないように注意してクライミングを楽しみましょう!

 回復には各種サプリメントもオススメですよ!

 

アミノバイタル GOLD 30本入箱

アミノバイタル GOLD 30本入箱

  • 発売日: 2012/09/04
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 
ストップ・ザ・オーバートレーニング―競技力向上のための正しいトレーニング法

ストップ・ザ・オーバートレーニング―競技力向上のための正しいトレーニング法

  • 作者:新畑 茂充
  • 出版社/メーカー: 黎明書房
  • 発売日: 2010/11/01
  • メディア: 単行本