クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

クライマーは立甲ができたほうが良い!

こんにちは。ピンチです。

 

 

今回の「クライミング持論!」では、「クライマーは立甲ができたほうが良い!」というテーマで語ってみたいと思います。

 

目次

 

 

 

 

クライマーの人は【立甲】って言葉をよく聞くと思います。

この【立甲】はクライマーの中でも必要ないとか必要だとか人それぞれです。

そんな中私は絶対に必要派です。

 

立甲

立甲を知らない人のために簡単に説明します。

ザックリ言うと字の通りで肩甲骨を立てる動作です。

昔、映画の中で「ブルース・リー」がやっていた事でも有名です。

プロクライマーもその他のプロスポーツ選手もやってる人多いです。

 

立甲のやり方

  1. 四つん這いになります。
  2. 腕の力を脇の下の方から背中に抜けるようにする。
  3. コツをつかめると肩甲骨が立ってくるのがわかります。

背中の皮が突っ張っている感じが分かるようになります。

f:id:hojirimakuri:20190904145052p:plain

立甲イメージ図

 

感覚の分からない人は、自分の右手で右の肩甲骨を下から腕をまわして触ると出ているのが分かると思います。(左側は左手で!)

肩甲骨が自分で触れない人は肩甲骨周りが硬いです。

 

立甲のメリット

肩周りの可動域が広くなるだけでも大きなメリットです。

この立甲は、ポーズ自体にたいして意味はなくストレッチのようなものです。(ストレッチも重要ですけどね。)

しかし、クライマーにとって肩甲骨周りの筋肉の硬さは致命的で肩甲骨を動かせずに肩関節だけで動かしているクライマーは故障をしやすいです。可動域が狭すぎます!

 

また、立甲ができるという事は肩甲骨周辺のインナーからアウターまで筋肉が使えているという事です。特に大きな背中の筋肉である広背筋・大円筋等がうまくコントロールできていると思います。筋肉のコントロールは大切で使いたい筋肉に力を入れる事はしっかりと神経が繋がっているという事です。(ゴリゴリマッチョの人が大胸筋を動かしたりできるのもコントロールできているからです。)

 

このように立甲ができるという事は肩の可動域を広げて肩関節の故障のリスクを減らしたり、肩周りの筋肉を連動して使えるようになったりとメリットが多いです。

保持する時も背中の筋肉でホールドを抑え込めるようになります。

 

立甲させたくなってきたでしょ?

できない人で興味のある方は練習をしてみてください。

【Amazon.co.jp限定】ブルース・リー【お買い得4作品セット】 [DVD]

【Amazon.co.jp限定】ブルース・リー【お買い得4作品セット】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: キープ株式会社
  • 発売日: 2019/04/01
  • メディア: DVD
 
肩甲骨が立てば、パフォーマンスは上がる!

肩甲骨が立てば、パフォーマンスは上がる!

  • 作者: 高岡英夫
  • 出版社/メーカー: カンゼン
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

www.wwwkiraku.com