クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

クライマーは仲間を多く作ると強くなる!

こんにちは。ピンチです。

 

 

クライミングは、一人で始められるスポーツです。

しかし、仲間の存在は大切です!

毎回同じ仲間とばかり登っているといろいろと疲れますので、経験上いろんなジムでいろんな仲間と登るのが新鮮で楽しいです。

それに、仲間が多いと結果強くなります!

なので、ジムや岩場などクライマー仲間を多く作りましょう!

f:id:hojirimakuri:20190831100208p:plain

なぜ仲間が大切かと言うと

単純にセッションとおしゃべりが楽しいのと

良い意味でも悪い意味でも刺激を受けるのと

情報交換できるのと

応援しあえることです。

その他にもメリットが多いです。

だから、仲間は多い方が良いんです!

これクライミングするクライマーにいちばん大切な事でいちばん強くなるのに近道かもしれません!

 

考えてみると私も仲間なしには強くなろうとも思わないし、独りぼっちならクライミングなんてしないと思います。モチベーション維持にもなります!

間違いなく仲間の存在こそがクライミングを強くする方法の一つです!

 

実際の話セッション仲間に強いクライマーがいないと教えてもらえないし、刺激も受けないので強くならない気がします。

強いクライマーが自然と弱いクライマーを引き上げてくれるわけです。

なので強いクライマーと積極的にセッションして刺激を受けたり、教えてもらいながら下克上を狙いましょう!⇐ゲスい!

 

まあしかし、強いクライマーに限らずどんどんと仲間の輪を広げてみてはいかがでしょうか?仲間から得る物は大きいし、知ってるクライマーが増えるのはそれだけでも楽しいですよ!

 

 

この場を借りてお礼を申し上げます。

いつも私のおしゃべりやセッションに付き合ってくれるクライマーの皆様ありがとうございます。もちろんこれから出会うかもしれないあなたも!

これからもよろしくお願いします!

 

よき仲間にセッション中先に課題を落とされると穏やかな気持ちではいられませんが・・・。下克上は常に狙うが狙わせない!こんな心の小さな私をどうぞ宜しくお願い致します。⇐こんな仲間はいかがでしょうか?

 

それにしても仲間と共に強くなる!ってマンガみたいですね。

 

ともに戦える「仲間」のつくり方

ともに戦える「仲間」のつくり方

  • 作者:南 壮一郎
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2013/03/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)