クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

もうきれいごとは言わない!クライミングはリーチが長い方がいいに決まっている!

こんにちは。ピンチです。

 

クライミングにおいてリーチ問題は無くならないでしょう。

声を大にして言います!

クライミングでリーチが短いのは確実に不利です!

 

図解・日本人の平均 (メディアファクトリー新書)

図解・日本人の平均 (メディアファクトリー新書)

  • 作者: 統計・確率研究会
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • メディア: 新書
 

 

リーチ(両手を広げた長さ)は通常、身長と同じくらいですが成長期からクライミングをからしているクライマーは身長よりも10㎝前後リーチが長い事が多いです。

 しかし、ほとんどのクライマーは20代以降にクライミングを始めているためリーチの伸びは期待できないでしょう。

 

そうなると、身長の低いクライマーは圧倒的に不利です。

 

それぞれ自分の最高グレードともなると1㎝短いだけでも課題強度が変わってきます。

体幹や筋力を総動員してホールドを取りパツパツの状態でムーブを起こすのと、楽にホールドを取りムーブを起こすのと少し考えただけでも課題強度の違いがあるのが分かると思います。

 

しかし、リーチは長ければ長いほど良いかと言うとそうでもなく170㎝~180㎝ほどが良いと思います。理由としては日本の平均身長約170㎝にリーチ長さを10㎝たした長さのクライマー・セッターが多いからです。

 

圧倒的保持力とパワーを持っていてもリーチが短ければ落とせない課題も出てくるでしょう!実際にワールドカップ等に出場していた選手もリーチの短さに嘆いていたのを目の前で見た事があります。

 

リーチが標準程度にある人が大多数で、大きな問題になっていませんがこれはグレードに大きく影響する問題だと思います。

逆に足置きが狭い課題に対して身長が短い方が有利と言いますが、股関節等を柔軟にする事で解決できます。

リーチは努力しても伸びませんからね。

 

実際大人と子供の課題って別になってますよね、たまに女子用に足まで設定されていることも…。なのに成人男性は約155㎝~約180㎝の身長・リーチ差があっても課題が同じという…。(実際にはもっと差があるかもしれません。)

 リーチだけは何をどう努力しようとどうしようもないことです。リーチの大きなハンデをなくすためには瞬発力・保持力・体幹等を鍛えあげて身軽さで補っていくしかないのです。

 

身長とリーチの短いあなたは、
同じグレードを登っている平均身長・リーチのクライマーより確実に強いです!
少々不利ですが、ガンバって行きましょう!

 

大人になってから身長を伸ばす方法

大人になってから身長を伸ばす方法

  • 作者: 真仙明
  • 出版社/メーカー: 真出版
  • メディア: Kindle版