クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

クライマーの体重は軽い方がいいに決まっている!しかし・・・

 こんにちは。ピンチです。

 

 

 当たり前の事ですがクライミングでクライマーの体重はとても重要な要素で登れる、登れないに大きく影響します。

体重が軽い方が登れる事は考えなくても分かることです。

 

 

 

限界に近い課題を登るときやホールドを保持するときは、1㎏でも軽い方が確実に良いです。体重が身長に比べて重い肥満気味のクライマーは体重を落とすだけで少し強くなれるでしょう。

 

なので最近では執拗に体重にこだわるクライマーがいます。しかし、不思議な事に十分に瘦せているこれ以上痩せなくてもいいクライマーにそういう人が多いです。

 

そもそも体重が軽いのに更に体重を落とそうというのは違うと思います。

人間は遺伝や体質によって適正体重が違います。それを無視して無理矢理減量をしてしまうと回復力や免疫力が低下して、故障や体調を崩してしまったりします。

また、筋肉量が少なくなり瞬発力が低下してしまいます。

ある程度の脂肪は体には必要なのです。趣味のクライミングで体調を崩してしまうのはいけません。

 

明らかに肥満気味のクライマーは体重を落とすべきですが、やせ過ぎのクライマーは逆にたくさん食べて体力をつけるべきだと思います。

とくに成長期の子達はなおさらです。今よりも大事な未来があるわけですから。

 

自分の体型やクライミングスタイルなどよく考えて適正な体重を維持していきましょう!

 

年齢が高くなる特に中年期には筋力・体力も低下し、体に脂肪が溜まりやすく体重管理が難しくなりますので体重を落とす事が重要になるでしょう!

しかし、クライミングを楽しむという考え方ならばそれ程気にする必要はありません。

でも、クライマーはいくつになっても強くなりたいと思うからな~。

過去の記事も参考にしてください!

 

www.wwwkiraku.com

 

10キロやせて永久キープするダイエット

10キロやせて永久キープするダイエット

  • 作者: 山崎潤子
  • 出版社/メーカー: 文響社
スリムアップスリムシェイク 10食

スリムアップスリムシェイク 10食

  • 出版社/メーカー: アサヒグループ食品