クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

ボルダリングは30秒トレーニングを意識してみよう!

こんにちは。ピンチです。

 

 

ジムでのボルダリングで、1課題を登る時間は長くても30秒程です!

 

そこでその30秒間連続でパワーを出せるようにしておくトレーニングを私は推奨します。

 

ボクサーが3分間のトレーニングをするのに似ていますね…。

 

 

30秒間トレーニング 懸垂

懸垂をするのでも回数にこだわるクライマーも多くいますが、回数よりも30秒間懸垂をするトレーニングを取り入れてみてください。

30秒で懸垂をすると15回~20回ぐらいですかね。

自重で楽にできるクライマーは、加重懸垂でやってみましょう!

 

片手懸垂で30秒トレーニングができるクライマーは、かなりの強者でしょう。

 

 

30秒間トレーニング キャンパシング

その名の通り30秒間キャンパシングを続けます。

大きめのラングから初めて30秒間できるようになったら、ラングを小さくしていきましょう。極薄のカチで30秒間かなりキャンパシングが出来るようになるころには、かなりのグレードが登れる事でしょう。

㊟キャンパシングでの加重は危険が伴うのでお勧めしません!

 

Metolius(メトリウス) キャンパスラング M/5本セット ME14021

Metolius(メトリウス) キャンパスラング M/5本セット ME14021

  • 出版社/メーカー: Metolius(メトリウス)
 
Metolius(メトリウス) キャンパスラング S/5本セット ME14020

Metolius(メトリウス) キャンパスラング S/5本セット ME14020

  • 出版社/メーカー: Metolius(メトリウス)
 
Metolius(メトリウス) キャンパスラング L/5本セット ME14022

Metolius(メトリウス) キャンパスラング L/5本セット ME14022

  • 出版社/メーカー: Metolius(メトリウス)
 

 

30秒間トレーニング デッドハング

これもそのままなんですが、30秒間デッドハング(ぶら下がる事)をします。

極薄カチに両手で30秒間デッドハングもオススメですが、もし可能であれば片手で30秒間デッドハングをする事もすごくオススメします!

 

Beastmaker 2000

Beastmaker 2000

  • 出版社/メーカー: Beastmaker(ビーストメーカー)
 

 

セット数はお好みで1~3セット!各30秒間トレーニングのセット間レストは、5分程で十分に休んでもいいと思います。

すべての30秒間トレーニングをするのはとても大変ですので、予定を決めて1種目づつでもいいと思いますよ。

これらのトレーニングをする事でボルダリング1課題に余裕が生まれてくるでしょう!

そうすれば、また一つ上のグレードも見えてくるのではないでしょうか?

ワークアウトで120%のパワーを発揮したい方へ