クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

クライマーのためのジムマシントレーニング!

こんにちは。ピンチです。

 

 

私もたまにですがトレーニングジムへ行く事があります。

主にジムマシンでのトレーニングをするのですが、結構面白くていろいろやっているのでクライマーのためのジムマシントレーニングを紹介してみたいと思います!

自重トレーニングなどは自分の体重以下の負荷にできないため、急に初めても出来ない人もいます。しかしジムマシンは負荷の調整が可能なためトレーニングがやりやすいです!逆に安全に大きな負荷をかける事もできますよ!

 

ラットプルダウン

懸垂のような動きでクライマーに必要な広背筋や大円筋等を鍛える事ができます。

懸垂ができないクライマーでも負荷の調節ができるので、背中の筋肉のトレーニングが可能です。懸垂をするための練習にもなりますよ。 

クライマーにいちばんオススメなマシンです!高負荷もお任せ!加重懸垂は、腰に負担がかかったりウェイト積んだまま落下の危険なども考えられますからね。

ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) ラットマシーン?TRUST

ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) ラットマシーン?TRUST

  • 出版社/メーカー: ファイティングロード Co., Ltd.
 

 

ショルダープレス

 クライミングや懸垂で引き付ける筋肉ばかりを鍛えるのではなく、拮抗筋と呼ばれる逆の動きをしてバランスをとる筋肉を鍛えるためにもオススメです。故障の予防にもなります。

ラットプルダウンとセットでトレーニングをするといいのではないかと思います。

PLATELOAD ショルダープレス PLSP

PLATELOAD ショルダープレス PLSP

  • 出版社/メーカー: シェイプショップ
 

 

レッグプレス

 普通に使用すると太ももの筋肉を鍛えるのですが、足を延ばした状態でつま先の立ちのトレーニングをする事でふくらはぎの筋肉を鍛える事ができます。

クライミングでふくらはぎは意外と使う筋肉ですので鍛えておいて損はないでしょう!

IROTEC(アイロテック) レッグプレスマシン LPM5-2

IROTEC(アイロテック) レッグプレスマシン LPM5-2

  • 出版社/メーカー: 株式会社スーパースポーツカンパニー
 

 

レッグカール・レッグエクステンション

 レッグカールはかき込むような動きのときに使う筋肉を鍛える事ができます。

レッグエクステンションは逆の動きで拮抗筋を鍛えます。

太ももを中心に鍛える事ができます。

 

アブドミナル・アブクランチ

 それぞれ腹直筋と脊柱起立筋を鍛えるマシンです。クライミングではどちらも大事ですし、両方を鍛えることで自然と拮抗筋も鍛えることになります。

 このようにジムマシンを使用してのトレーニングも【有り】だと思います。

何より負荷の調整が細かくできるので老若男女問わずトレーニングができますし、故障中や復帰後の軽いトレーニングもできます!

伸び悩んでいるクライマーも気分を変えるのにいいかもしれませんね。