クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

常に新しい刺激を!体は負荷に慣れると成長しなくなる!?

 

こんにちは。ピンチです。

 

 

私もそうなんですが、一度クライミングのトレーニングを決めると同じことばっかり続けてしまいます。というか負荷や回数や時間等が伸びないので、同じことばっかりやっている事になります。

体は常に新しい刺激を求めていて、トレーニングの負荷に慣れさせると成長が止まってしまいますが新しい負荷(刺激)は成長を促すと聞いた事があります。

負荷を上げていかなければならないのは分かっているんですが、なかなか負荷を上げる事ができません…。

 

人生の99.9%の問題は、筋トレで解決できる!

人生の99.9%の問題は、筋トレで解決できる!

  • 作者: Testosterone
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • メディア: Kindle版
 

 

 

毎回同じトレーニングメニューを繰り返すよりも次々と新しいトレーニングを取り入れたりした方が良いのかもと考えた時期もありました。しかし、別のトレーニングをやって月日がたちまた同じトレーニングをしてみると前にできたトレーニングができなくなっていたりします。トレーニングのスパンが長すぎるのかもしれません!

 

では、どうしたらいいのか?私は考えました。

間違えているかもしれませんが、私がクライミングで最重要だと思っているトレーニングは

保持力

懸垂

の2点です!

なのでこの2点のトレーニングをローテーションしていこうと考えました。

それぞれ日にちを変えて!

 

極薄カチデッドハング(指)⇒加重懸垂(筋トレ)⇒加重デッドハング(指)⇒片手懸垂(筋トレ)⇒片手デッドハング(指)⇒懸垂、回数を多くする(筋トレ)⇒1本指デッドハング(指)⇒…等々…

間にはレスト日・ジム・岩なども含まれます。トレーニング頻度は人それぞれなので故障のないよう自分に合った頻度を決めて下さい。

私は指と筋力のトレーニングを1日おきに設定しているのでほぼ毎日トレーニングができます!指をレストする時は筋トレ、筋肉をレストする時は指トレというようにそれぞれレストもできています。

 

毎日のようにトレーニングと聞くとしんどいと思われるのですが、トレーニングメニューが少ないので時間が短く忙しい日でもできますよ!

このようなトレーニングローテーションメニューを作っておいてトレーニングできる時にその順番に従って進めていく事をやっています。

 

今のところトレーニングは順調に進んでいて、満足しています。

気になった人はお試しください。

疲れが貯まっている時は無理せずにレストしてくださいね。

 

 

www.wwwkiraku.com

www.wwwkiraku.com

www.wwwkiraku.com

www.wwwkiraku.com