クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

激強クライマーを観察して感じた凡人との違い!保持力と諦めない心!

こんにちは。ピンチです。

 

 

激強クライマーは何故強いのか?何が違うのか?疑問に思い、激強クライマーを観察して感じた我々凡人との違いを今回紹介していきます。

 

保持力が圧倒的に強い!

指が圧倒的に強く保持力が半端ない!そんなホールドが持てるのか?というようなホールドが安定して余裕を持って保持れている!

クライミングを始めたばかりの初心者クライマーが1~2級を落とす我々ぐらいの凡人クライマーを見て圧倒的に強いと感じるのですが、凡人クライマーが激強クライマーを見ているのと感想的は同じなんですがここにはそれ以上の圧倒的な実力の差を感じます。

 

初心者クライマーは、今後何年か努力していれば1~2級は落とせるでしょうがそこから何年か努力をしても激強クライマーにはまず追いつく事はできないでしょう!

彼ら激強クライマーは1~2級などアップです。凡人クライマーは全力なのに!

話がかなりそれていきましたが、保持力にそれほど余裕があります。圧倒的に!

保持れているから多少無茶なムーブでも落とせるし、考える時間も余裕もあるようです。何とでもなるという感覚なんでしょうね。凡人クライマーが4~5級を触る感じでしょうか?

 

課題を落とす事を落ちる瞬間まで諦めない!

激強クライマーでも落下する事はもちろんあります。(スラブ・水壁とか)

しかし彼らは、課題に向き合いスタートしたら落下するその瞬間まで絶対にあきらめません!これがすごい事なのです!

凡人クライマーは次の手が出なかったり、ホールドが悪いと諦めてとりあえず雑に手を出したりして落下します。が、激強クライマーはけっして諦めません!最善のムーブやホールディングを探します。コンペなどではアテンプト(落とすまでのトライ数)も勝敗を分ける重要なポイントになりますからね。

 

こう言うと諦めなければいいじゃん!って思うかもしれませんが、これがなかなか簡単にできる事ではないんです。何かしたいんですが体が動かせないんです!冷静ではないので思考が止まってしまうんですね。

 

まだまだ他にも違いはあるんですが、今回私が強烈に感じた事はこの2点でした。

今まであまりクライマーを観察した事がなかったので、ちょっと楽しかったなぁ~。これから気にして見ようと思いました。

観察して違いなどを発見したら、これを活かしていかないとなぁ~。

カラダが喜ぶ究極比率!BCAA87,000mg配合【BCAAマッスルプレス】