クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

40代・50代・60代クライマーの平均的な強さ!

こんにちは。ピンチです。

 

 

最近ジムでも40歳以上のクライマーが多くなってきました。仕事や子育てが落ち着いてきて自分の時間を作ることができるようになってきたのでしょうか?

とにかく体を動かすというのは素晴らしいことだと思います。年を取ると、とくに体を動かす事が少なくなってきますしね。

 

 

中高年のための スポーツ医学Q&A

中高年のための スポーツ医学Q&A

  • 作者: 山崎元(やまざきはじめ/慶應義塾大学スポーツ医学研究センター),大谷俊郎(おおたにとしろう/慶應義塾大学),辻岡三南子(つじおかみなこ/慶應義塾大学),山崎元(やまざきはじめはじめ/慶應義塾大学スポーツ医学研究センター)
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2009/05/19
  • メディア: 大型本
 
結果が出る!高齢者の運動機能 評価とトレーニング

結果が出る!高齢者の運動機能 評価とトレーニング

  • 作者: 中村和志
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2011/01/28
  • メディア: 単行本
 

 

 

 

最近クライミングを始めた中高年クライマーによく質問で「40代・50代・60代クライマーの平均的な強さってどれぐらいなの?」って聞かれます。

クライマーによっても違うし、例えば同じ40代でも男女の違いや前半と後半では条件が全く違います。難しい…。

まあ、平均なので私が周りを見て感覚的に判断すると…

  • 40代平均で2~3級。

  • 50代平均で3~4級。

  • 60代平均で4~5級。

といったところでしょうか?(ちなみにコンスタントに落とせるグレードです。)

もちろん平均ですのでそれ以上に登れるクライマーもいればそれよりも登れないクライマーもいます。(クライミングを始めたばかりのクライマー(男女)も評価の対象に入っています!)

 

上記に当てはまっていれば、平均的な強さだと思います。これ以上に登れるのなら強いと言えると思います。この年代になると強くするよりも現状を維持する事ですら難しくなってきます。

60代でも3級を落とせるように目指しましょう!

というか60代でクライミングができる時点で、同年代の普通の人よりも十分にすごい事ですけどね!

 

私の感覚的にですが、年を取ると強傾斜が苦手傾向でスラブ・水壁・弱傾斜が登りやすそうな感じです。

やはり、全身のパワーが低下してくるのだと思います。なので、ランジやダブルダイノなども苦手になっている感じがします。

飛びまくる中高年クライマーってあまり見ないですものね。逆にこういったトレーニングができたら平均以上に強くなれるのでしょうか?(やりたくてもできねぇ~んだよ!って怒られそうです。)

私の体で検証していきたいのですが、まだ先になると思いますので気長にお待ちください。いずれ検証していきたいと思います。

ワークアウトで120%のパワーを発揮したい方へ