クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

クライマーそれぞれの壁

こんにちは。ピンチです。

 

 

クライマーにはそれぞれに文字どおり壁があります。

強いクライマーを見て「うらやましいなぁ~」と思うかもしれませんが、その強いクライマーにも壁があり彼らもそれを乗り越えるために日々努力をしています。

 

「さらに強くなりたい!」とグレードはそれぞれ違うもののクライマーは、皆同じような悩みを常に持っているんです。

だからみんな必死で登っているんですね。

そしてその悩みが解決する事は永遠にありません!

一つ壁を越えて喜ぶのもつかの間、また次の壁ができて悩み…。のずっと繰り返しです。

どれだけ強くなっても満足をする事はないでしょう。

まあ、現状に満足してしまったらそれ以上の成長は望めないでしょうからね。

 

 

弱いメンタルに劇的に効く アスリートの言葉――スポーツメンタルコーチが教える“逆境”の乗り越え方

弱いメンタルに劇的に効く アスリートの言葉――スポーツメンタルコーチが教える“逆境”の乗り越え方

  • 作者: 鈴木颯人
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2019/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

そんな中でも壁を楽しんで登れている時は強くなりやすいです。

クライミングを始めたばかりの頃って毎回登れる課題が増えていき、毎日登りたくて仕方なくてとても楽しかったと感じていたハズです。

しかし、いつの頃からか「登らないといけない」と義務のように感じてしまうようになる時があります。

こう感じている時って、伸び悩んでいる時期なんだと思います。

そしてまた楽しいって感じる時は伸びている時期なんだと思います。

私は常にこの繰り返しを行っています。モチベーションが上がったり下がったり…はっきり言ってしんどいです。

 

 

出来ても、出来なくても 常に壁を楽しんで登る。そういう登り方をできるようなクライマーになっていきたいものです。これってクライミングだけでなく人生のいろんな事にもあてはまりますね。

一度きりの人生、常に楽しみたいものです。

ワークアウトで120%のパワーを発揮したい方へ