クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

ダイエットは自分がどうなりたいか?を決める事から始めよう!

こんにちは。ピンチです。

 

 

ダイエットはとても多くの人が興味を持っていることだと思います。

 

あなたはダイエットをして体重という数字を落としたいのでしょうか?

それとも、見た目のスタイルを良くしたいのでしょうか?

クライマーなら純粋に体重を落としたいハズです!しかし、普通の人は体重という数字よりも見た目のスタイルを重視すると思います。体重は見ただけでは分かりませんからね。

 

どちらを選択するかによってダイエットのやり方が変わってくると思います。

なのでまずはダイエット前に自分はどうなりたいのか?を決めましょう!

 

まず、クライマーの場合は体重という数字を落としたいのです。

少しでも軽くした方が負担が減らせますからね。

大事なのはコンペや岩などで「本気で登る!」と決めている日に合わせて極限まで脂肪をそぎ落とします。(そもそもクライマーは脂肪がそんなにないと思いますが。)

普段から脂肪を落としすぎると免疫力が低下して病気になりやすくなったり、体力が低下します。なので、大事な日に合わせて脂肪を落としていきます。

食事制限も取り入れないと脂肪をそぎ落とす事は難しいですので、置き換えダイエットはおすすめです!

かなりハードなので期間を決めて行うのがいいと思います。(1~2週間)

その後はまた元の生活に戻しましょう!クライマーのダイエットはここぞという日に合わせたダイエットになります。体にはあまりよくはありませんが結果がほしいクライマーには短期的なダイエットをおすすめします。

 

井藤漢方製薬 短期スタイル ダイエットシェイク 10食分 25gX10袋

井藤漢方製薬 短期スタイル ダイエットシェイク 10食分 25gX10袋

  • 出版社/メーカー: 井藤漢方製薬
  • 発売日: 2013/03/10
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

普通の人で見た目のスタイルを良くしたいダイエットであれば、無理に脂肪を落とし過ぎる事は良くありません。食事制限などはあまりせずにしっかりと筋トレ等をして体を作るべきだと思います。

ある程度の筋力がないと基礎代謝量が少なくなり太りやすくなるというのはよく知られている事ですが、それに加えて姿勢も悪くなります。これは実はすごく重要な事で姿勢が悪いとすごく太って見えたり年齢よりも老けて見えてしまいます。

また、脂肪を落とし過ぎるとシワなどが目立ちやすくやはり老けて見られてしまいます。

見た目を重視するダイエットの場合は筋トレをしっかりと行い脂肪を落とし過ぎないようにした方が良いでしょう。

ムキムキで太くなるのは嫌だと言う人もいますが筋肉はそう簡単にはつきません。体質にもよりますがかなり努力をしないと大きな筋肉はつかないので安心してください。

しっかりと全身の筋肉をつけて体を姿勢の良い引き締まった体を作りましょう!

常にスタイルを保ちたいのであれば、こういった健康的なダイエットをおすすめします。

 

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

  • 作者: Testosterone,久保孝史,福島モンタ(漫画)
  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2018/04/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)