クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

リーチを補えるのは筋力(パワー)だけ!

こんにちは。ピンチです。

 

 

スポーツ全般的に言える事ですが、持って生まれた体格ってすごく重要です。

それを才能と言うのだと思います。

 

スポーツクライミングにもそれがあてはまる訳で、やはり体格(リーチ)がものをいう競技です。

しかしクライミングは毎回セッターが課題を作るので、ただ大きいだけが有利という訳ではりません。課題に対してほど良い身長というものがあります。

 

平均的な身長170㎝~175㎝がくらいが有利に登れる身長だと思います。セッターと同じぐらいの身長が有利です。

これより小さいと物理的に不可能な課題があったり、かなりの頑張りが必要になります。逆に大きすぎても狭かったりして、しっくりこない課題があるとやはり頑張りが必要ですが…大きいとそれ以上のメリットもありますからね。

やはり小さいのは不利です。

 

外岩などではホールドの指定がなく自由に登れるのでまあまあ平等に感じるのですが、人口壁ではホールドが決められているためとても平等とは思えません。

 

じゃあ体格(リーチ)のないクライマーはどうするのか?

筋力(パワー)をつけるしかないでしょう!

ハッキリ言ってそれだけではリーチの差は補えませんが、少しでも条件を近づける事ができるとすればそれは筋力(パワー)を付ける事です。

 

体を瞬間的に引き付けてより遠くへ手を出すための腕力と背筋。
リーチパツパツで保持してそこからムーブを起こす腹筋。
距離を出すための折れない体幹。等々…。
 
それでもどうしようもない事もありますが、努力することでリーチの差を補うことができます。 

 筋力を鍛えると言ってもムキムキなマッチョになってしまうと重たくなってしまうのでなるべく、最大筋力を鍛えるようにして筋肉を大きくするのではなく筋肉の質を上げるような最大筋力トレーニングをおすすめします。

最大筋力とは、回数なら1~3回・時間なら5秒ぐらいが限界の高負荷で行うトレーニングです。それ以上の回数や時間が出来てしまうトレーニングでは負荷が弱く最大筋力はつきません。

ただし、負荷が強いので故障のリスクもあります。なので、万全のコンディションの時のみ行うようにしてください。

セット間の休憩もしっかりと取りましょう!

最大筋力トレーニングは時間も短く疲労感も感じにくいため、一日に何度もしつこくトレーニングをしがちですがしっかりとした計画を立ててトレーニングしてください。

強くなる事を焦ると思わぬ故障を引き起こして、強くなるのに遠回りしてしまいますので注意してください。