クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

クライミングでマッチする事はカッコ悪くないよ!

こんにちは。ピンチです。

 

 

今回の「クライミング持論!」では、「マッチする事」について語ってみたいと思います。

※ちなみに【マッチ】というのは、クライミングで一つのホールドを両手で保持する事です。

 

目次

 

 

マッチする事!

世の中にはいろんな考えの人が居て、マッチする事がダサい・カッコ悪いと言うクライマーもいます。登りが美しく見えないというのが理由です。

確かにマッチをしないとスマートな登りに見えます。

 

私はマッチ推進派です。マッチは登るためのテクニックで、少しもカッコ悪い事はありません。

逆にそのホールドでマッチするか~と言うすごい時もあります!

出来るところは積極的にマッチをして確実に登りましょう!マッチは魅力的です。

 

マッチは女性クライマーに多いのが特徴ですが、「マッチを笑うものは、マッチに泣く!」(?)という言葉も有る位に重要な時もあるんです!

 不思議と普段からマッチせずに登っていると、いざ困った時にマッチする事を忘れてしまう事があります。 そんな馬鹿なと思うかもしれませんが、本当に忘れるクライマー多いです!

スマートじゃなくても・・・!  

セッターにもよるんですがマッチしなくてもいい手順、もしくはマッチできないようにしてあるスマートな課題があります。

でもセッターの想定通りのムーブをしなくてもいいんです。

自分が安定して登れるように好きにしていいんです。クライミングは最終的に登れればいいんですから。例え手順を間違えたとしても諦めずにマッチで乗り切るのも強さだと思います!

 

美しく登るのも大切な事なんですが、オンサイトやコンペなど粘り強く登らなければならない時はマッチでも何でもしましょう!泥臭い登りでも登れたらカッコいいですよ。

カッコつけて一か八かでマッチせずに落下する方がカッコ悪いと思いますよ。

 

全部マッチしなくてもいいですが、少なくても片手が余った状態の時には一度マッチで体を安定させる事を心がけましょう。持つところがない時でも保持している手に添えたり、手の上から更に保持をする方法もあります。

 

 

マッチを忘れない! 

くどいようですが、ホントにマッチを忘れるクライマー多いですからね。落下した後で教えてあげると「ああっ!」って言います。ホントにもったいないです。

 

ガンガンマッチをして確実にホールドを取りに行きましょう。

女性クライマーは手が小さく、小さなカチでもマッチができます。これはパワーやリーチを補う事のできる大きな武器だと思います。ズルくも何ともありません。

男性クライマーは比較的手が大きいので同じようには出来ませんが、同じ様なシチュエーションはあると思います。その時に思い出せるか、思い出せないかで結果が大きく変わってきますからね。

 

心当たりがあるクライマー(男性クライマーほとんど)は、マッチを意識して登ってみてはいかがでしょうか?落とせる課題が増えるかもしれませんよ。