クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

花崗岩のスラブやマントリングでの結晶の保持り方!

こんにちは。ピンチです。

 

 

最近外岩で多くのクライマーとセッションしていて思った事があります。

花崗岩のスラブ課題やマントルを返す際にカチ等分かりやすいホールドがあるところはみんなそこを持つんですが、チョーク跡があるけど明確なホールドが無くて小さな結晶があるところは保持り方が分からず、スローパーのように手のひら全体で押さえつけるように保持しているクライマーがすごく多くいました。

花崗岩の結晶の保持り方を知らないのかなと思いました。

初心者のクライマーはもちろん分からないと思いますが、花崗岩のスラブを登り慣れていないクライマーも知らないですよね。

 

別に結晶部分をスローパーのように手のひら全体で抑え込んで保持してもいいんですが結晶が指に刺さるのでとても痛いし、もし足がスリップして落下した場合に結晶部分で指皮が切り裂けて一発撤退になる可能性があります。また、難易度も上がる気がします。

 

花崗岩の結晶は、硬く鋭いですからね。注意してください。

 

で結局どうやって結晶を保持するのかと言うと指先でつまむんです!

親指と人差し指+中指の指先でコメ粒ほどの小さな結晶をつまみます。

えっ!と思うかもしれませんが、スラブであれば意外と効きます。というよりも足に体重が乗っているので、体を支えて安定するためだけの保持なのでさほど力は必要ありません。

結晶をつまむホールディングは、花崗岩のマントリングで何もホールドが無い!って時にも役立ちます。

また、不意の落下の際にも指皮を裂くリスクも少なくなります。

 

花崗岩のスラブなら低グレードから結晶を保持して登る課題がありますので、お試しください。

 

多くのクライマーが結晶部分をスローパーのように手のひら全体で抑え込んで保持しようとするのでチョーク跡が大きく付いてしまいます。そしてその後にトライするクライマーもまた同じようにチョーク跡に習い同じ保持のしかたをしてしまうのだと思います。

指先でつまむのはジムやその他の岩質・傾斜だとあまり使わない特殊な保持り方なので、あまり使わないかもしれませんが覚えておいて損はないと思いますよ。

 

花崗岩のスラブで結晶があったときは、指先でつまむ保持のしかたを思い出してみてください。知っているのと知らないのでは、大きな差が出るハズです。