クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

オープンハンド 親指にも役目がある!

こんにちは。ピンチです。

 

 

クライミングのホールディングでオープンハンドは、基本中の基本です。

そのオープンハンド中に唯一使っていない指があります。親指です。

あなたのオープンハンドをしている時の親指ってどうなってますか?

あまり気にした事がないと言うクライマーも多いと思います。

 

実は、ホールドに一切触れていない親指の使い方って重要な役割があるんです!

 

単純に親指を手のひら側に曲げている場合と親指を真っ直ぐに伸ばす場合の2パターンの親指の位置があると思います。

これにはそれぞれ意味があって、指先に力が入れやすいのは親指を手のひら側に曲げる場合です。

逆に親指を伸ばしていると握り込んでいない分、前腕のパンプが少し防げます。

なので私はホールドが保持できない場合は親指を手のひら側に曲げて全力で保持をしようとしますが、基本は親指を伸ばした状態で保持をしています。

 

最初からこのように親指を伸ばして保持をしているクライマーもいますが、ほとんどのクライマーはできていません。

親指を伸ばしてのオープンハンドをする事自体は、オープンハンドができるクライマーなら簡単なんですが無意識にできるようにしようとするとかなり難易度が上がります。

 

私も最初は親指を手のひら側に曲げてのオープンハンドだったために、常に意識して無意識でも親指が伸ばせるようにするのにとても苦労しました。(無意識にできてない時もあるのかもしれませんが…。)

この親指を曲げないオープンハンドはリードクライマーにはとくに重要だと思います。もちろんボルダリングでも使いますが、パンプしにくいというのはリードではとても大事です。

 

私もこの親指を伸ばすオープンハンドを覚えてからリードでもボルダリングでも使えるようになり保持する以外の余計な力も入らなくなり脱力して自然に保持する事ができるようになりました。

 

この親指を伸ばすオープンハンドの練習方法はとても簡単です。

常に親指を伸ばす意識をして保持するだけなので…。しかし、親指を伸ばす意識をしているとそこに力が入ってしまいパンプしてしまいます。

自然に無意識にできないとダメなんです。

なので、最初のうちは少々苦労すると思います。実際私の周りでも途中で挫折したクライマー多かったです。すぐに忘れてしまうし面倒くさくなるんですね。とてもよく分かります。

 

 

基本は親指を伸ばす事で脱力してパンプを少し防止、ここぞという時に指先に力が入れたい場合は親指を手のひら側に曲げる。

私はすごく良いと思ったので、興味のあるクライマーはお試しください。少々練習が必要ですが。

ただし、全開の本気トライの時は力の入りやすいそれこそ無意識ホールディングでいいと思いますよ。

 

サポーターをするとあまり意識しなくても親指が伸ばせると思いますよ。ジャマそうですけど…。 

 

 

www.wwwkiraku.com

www.wwwkiraku.com

www.wwwkiraku.com