クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

ホールドのシェイプをよく考えると楽に登れるようになる!

こんにちは。ピンチです。

 

 

外岩を登っているクライマーやジムでもベテランクライマーは常にホールドのシェイプを考えて登っている事と思います。

ちなみにシェイプというのは、ホールドの形状の事をいいます。

今回の「クライミング持論!」では、「ホールドのシェイプ」について語ってみたいと思います。

 

目次

 

 

シェイプをよく考える! 

自然の岩ではもちろん、人工のホールドも整った形ではなく場所により微妙に形が変わっています。

そのホールドの保持の方法・場所・方向によって保持感が変わって楽になったり、逆に難しくなったりします。

 

低グレードの課題では、ホールドが良いのでどんな保持をしても登れると思いますがグレードが高くなり自分の限界に近づくとシェイプを考えないととても苦労します。シェイプを考えなくても登れるのですが、考えて登るクセを付けておいた方が後々のためにも絶対にいいです!

シェイプを考えなくて登れた方が強いのでは・・・と思うクライマーもいると思います。しかし登れる範囲のグレードなら多少強引にでも登れるかもしれませんが、必ず限界が来ます!

その時にシェイプを考えないクライマーは、自分のフィジカルが足りないと考えてトレーニングをしようとします。シェイプを考えて登れば登れるのにも関わらず・・・。

フィジカルを鍛える事は悪い事ではないのですが、時間がかかるし故障のリスクやパワーウエイトレシオを考えると効率が悪いんです。

 

クライミングはいかに無駄な体力を使わずに登るのかで最高グレードや一撃が高いレベルで出来るようになりますし、それがクライマーの目指すところだと思います。

無駄な体力を使わないという事は長い時間登れトレーニングできますし、無理をしていないので故障のリスクも減らせます。

なので、どうやって楽に登るかという考えを持つ事は重要です。

それでも登れずに限界を感じたらフィジカルトレーニングを取り入れていくと良いと思います。

 

 

シェイプで意識する事! 

ホールドのシェイプの考え方としては大きく分けて、

  • 保持手
  • 保持部分
  • 保持方法

の3つですかね。

保持手というのは、左右どちらの手で保持するのか?マッチするのか?等です。

意外と逆の手で保持すると楽にムーブがつながるといった事もあるので、とても大切です。

保持部分は、いちばん考えなければならない大切な部分でどこを保持するのか?を探ります。前後のホールド位置やムーブにもよるし、単に持ちやすい部分を探るだけでなく奥が深いです。

保持方法は、ラップ・アンダー・カチ・ピンチなどを考えます。ムーブによっても変わってきます。

 

またこの他にも、一つのホールドを何度も持ち変えたりしなければならない場合もあります。 

クライマーの得手不得手によって多少変わるかもしれませんが、真っ向勝負するよりも楽に登れる方法は必ずあると思います。

伸び悩みやこれまでホールドのシェイプを気にした事がないというクライマーはレベルアップのためにもぜひ一度、楽に登るという考え方を持ってみてはいかかがでしょうか?