クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

私が独断と偏見で決めるあなたのクライミングレベル!

こんにちは。ピンチです。

 

 

今回の「クライミング持論!」では、私が独断と偏見であなたのクライミングレベルを決めたいと思います。

科学的根拠等は一切ありませんのでそんなに真面目に考えないでください。

ちなみに登り込んで登るのはグレードがかなり上がりますので、ほぼ一撃で登れるグレードで判断していきます。(後半レベルは、少し変わってきます。)

あなたはどのレベルになるでしょうか?

 

目次

 

 

 

8~7級! 

8~7級をほぼ一撃で登れるクライマーは

凡人レベルです。始めての人でも疲れてなければ登れます。

 

6級!

6級をほぼ一撃で登れるクライマーは

初級者クライマーレベルです!

クライミングを始めたばかりのクライマーが登るグレードですね。

6級あたりから苦労するクライマーもでてきます。

 

5級! 

5級をほぼ一撃で登れるクライマーは

基本を覚えたクライマーレベルです!

初級者とは違って多少ムーブも覚えてきた状態で、動きも完全にクライマーです。

 

4級! 

4級をほぼ一撃で登れるクライマーは

少し慣れてきたクライマーレベルです!

保持力、ムーブのレベルも少しづつ上がってきてます。

 

3級! 

3級をほぼ一撃で登れ、リード5.11後半が登れるクライマーは

ジムの中堅クライマーレベルです!

まあまあ登れるようになってきてクライミングが楽しくなってくる頃です。

リードが登れない場合は一つ下のレベルになります。

 

2級! 

2級をほぼ一撃で登れ、リード5.12前半が登れるクライマーは 

少し分かってきたクライマーレベルです!

ジムでもまあまあ強いクライマーの部類に入ってきます。 

リードが登れない場合は一つ下のレベルになります。

 

1級! 

1級をほぼ一撃で登れ、リード5.12後半が登れるクライマーは

まあまあ登れるクライマーレベルです!

ジムでも強いレベルです。

リードが登れない場合は一つ下のレベルになります。

この辺りが一般的なクライマーに多い限界かもしれません。

 

初段! 

初段をほぼ一撃で登れ、リード5.13前半が登れるクライマーは

地元では名の知れたクライマーレベルです!

地元では他のジムに行っても名前が知られているでしょう。

リードが登れない場合は一つ下のレベルです。

 

二段! 

二段の課題を一撃で登れる事があり、リード5.13後半が登れるクライマーは

ジムで一目を置かれるクライマーレベルです!

このレベルになると大きなコンペでも活躍できるようになってきます。

リードが登れない場合は一つ下のレベルです。

 

三段! 

三段の課題を一撃で登れる事があり、リード5.14前半が登れるクライマーは

近寄りがたいオーラが出ているクライマーレベルです!

各都道府県内では誰もが知る名の知れたクライマー でしょう!

 

四段! 

四段をコンスタントに登れ、リード5.14後半が登れるクライマーは 

一般人最強クライマーレベルです!

他の都道府県にも名が知られるようになるでしょう!

 

五段!  

五段が登れるか、リード5.15前半が登れるクライマーは

鬼強クライマーレベルです!

四段と五段の差は凄まじく、努力では埋めきれない才能の差が出るところです。
このレベルになればスポンサー付きます。クライミングで食べていけると思います。

たぶんクライマーならみんな知ってるレベルです。世界に名がとどろきます!

 

それ以上! 

それ以上は、もはやラスボス・神・猿レベル!(一応フォローすると全て褒め言葉です。)

今後は、そんな高いレベルのクライマーが続々と出てくるのでしょう!

そしてそれを超えていくクライマーも出てくるのでしょうね。とても楽しみです。

 

ハイ!今回のクライミングレベルは私が勝手に思っている事ですので、適当に見て楽しんでください。本当はもっと細かく分かれていると思っていますが、今回はザックリと考えてみました。

なお各レベルの差は凄まじく、当然後半になるにつれてレベルアップが厳しくなります。ゲームみたいに確実にレベルがあげれたらいいのになぁ~。