クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

筋トレの方法を間違えているとその努力は全て無駄になる!かも・・・

こんにちは。ピンチです。

 

 

あなたはクライミングで登ること以外で筋トレをしていますか?

もし筋トレをしているのなら何でもいいからがむしゃらに筋トレをしていても強くはなれませんよ。全て無駄になる可能性があります。

 

筋肉を大きくしたいというのであれば無駄にならずそれで良いのですが、クライミングが強くなりたいと思って筋トレをするのであれば筋トレの方法をキチンと考えた方が良いと思います。 

クライミングで無駄な筋肉は体を重くしてしまうだけでなく、自分の足りない部分に気付きにくくなり迷走してしまう可能性もあります。 

 

 

例えばクライミングで使える上腕二頭筋を鍛えたいと思った時にダンベルカールをするよりもクライミングの動きに近い、リバースチンニングを行った方が良いと思います。

やはり実際の動きに近い筋トレ方法の方がいいです。その理由として実際の動きに近い筋トレをする事で周辺の筋肉の連動性も良くなるからです。

一部の筋肉を鍛えたところで周囲の筋肉と連動しなければ、その大きな力は出しきる事ができず使えません。筋トレの時のような一部分に負荷を掛ける一定の動きでのみ使える筋力がつくだけです。

なので、筋トレをする時に注意して欲しいのは実際の動きに近い方法でトレーニングをする事です。これは他のスポーツでも同じですし、他の部位の筋肉でも同じです。

 

という事は登っている事が一番のトレーニングになる訳ですが、左右や負荷などバランス良く課題を登る事が難しいので別に筋トレが必要になってくるのです。

 

クライミングを強くするための筋トレをする時には、この点に注意して欲しいと思います。 

ただ明らかに筋力が弱い部分に対しては故障予防としても有効ですし、持久力の足りない場合の持久筋トレーニングなどもとても有効だと思います。この場合には実際の動きに近い筋トレはしなくてもいいのかもしれません。

まあ筋トレ自体は何をやっても無駄にはなりませんが、クライミング等目的がある場合に対しては無駄になる筋トレもあるかもしれないという話でした。