クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

クライミングジムの閉店!ボルダリングブームも終わったか?!

こんにちは。ピンチです。

 

 

今年は2020年東京オリンピックイヤーですが、新型コロナウイルスの影響で予定通り開催されるのか?無観客開催なのか?延期なのか?3月現在どうなるのか分からない状態です。

 

せっかくスポーツクライミングがオリンピック正式種目に選ばれたのに・・・!

 

東京オリンピックでクライミングにまたブームが来そうな気がしていたんですが、ネットで調べてみるとどうもそうではないみたいですね。

今年に入ってから新規開店のクライミングジムが3件に対して、閉店してジムをたたむクライミングジムは11件となっています。(2020.3/22現在 ネット調べ)

全国で約500店舗程しか無いと考えると凄まじい減り方です。

オリンピックイヤーなのに・・・。

 

でも冷静に考えると、クライミングが一般に広まるのは難しい事なのかもしれません。

ボウリング・ビリヤード・ダーツなどもちろんプロのように競技をする事はすごく難しいですが、一方で一般の人(老若男女)がその場のノリですぐ気楽に楽しむ事もできます。(そのボウリング等でも過去から比べるとのブームが過ぎた今は減少しています。)

 

それに比べてクライミングは、一般の人(老若男女)がその場のノリですぐに気楽にできる事ではありません。クライミングは、ハードで体に対する負担やケガのリスク等を考えるとそうなりますよね。

料金もけっして安くはないですからね。

クライミングは敷居が高くレジャー感覚で一般の人には、広まりにくい趣味です。

 

 

近年クライミングの競技人口は、約60万人と言われていますがはたしてそんなにいるのでしょうか?

一度でもクライミングをした事があると言う人や登山等全てを含めた人口を合わせればその位かもしれませんが、定期的にボルダリング・スポーツクライミングをしているクライマーはその十分の一位約6万人が妥当な所なのではないかなと思います。

詳細としては全国のクライミングジム数約500店舗あるとして、各店舗の常連を約100人として約5万人。ジムに来ない岩クライマーが約1万人で合わせて6万人。

(常連=月会員)

違うかもしれませんが、その位が妥当な数字だと思います。

もし競技人口約60万人が定期的にボルダリング・スポーツクライミングをしていたら、全国約500件のクライミングジムには各店舗に約1200人の常連がいることになりますからね。有り得ない事です。

それだけクライマーがいればクライミングジムが閉店に追い込まれる事はないでしょうから・・・。

 

クライミングジムが減ってきているという事は、比例してクライマーが減ってきているという事ではないでしょうか?

寂しい話ですが冷静に考えるとボルダリングは、既に下火になってきているのかもしれません。

まあ~正直言ってクライミングを長く続けられる人って少ないと思います。現在クライミングにハマっているクライマーも数年後には大半がやめていくでしょう。

これはどんな趣味でも同じでしょうね。所詮ブームに乗って始めた人は大半が続きません。

 

クライミングがマイナーな世界から抜け出す事は、難しいのかもしれませんね。

珍しいスポーツ

珍しいスポーツ

  • 作者:SSE
  • 発売日: 2020/02/29
  • メディア: Kindle版
 
灼熱カバディ(4) (裏少年サンデーコミックス)

灼熱カバディ(4) (裏少年サンデーコミックス)

  • 作者:武蔵野創
  • 発売日: 2017/02/17
  • メディア: Kindle版