クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

今は、日頃悩んでいる故障部位をしっかりと治す良い機会かも!

こんにちは。ピンチです。

 

 

今回の「クライミング持論!」では、「今は故障部位を治す良い機会」というテーマで語ってみたいと思います。

 

目次

 

 

外出自粛で! 

連日のように報道されている新型コロナウイルス!

クライミングジムへ行く事を自粛しているクライマーも多い事と思います。

そこで自宅でのトレーニングもとても良いと思いますが、それは故障などに悩まされていない元気なクライマーの話です。

 

もしあなたが故障に悩んでいるのなら、自宅トレーニングよりもこの機会に故障部位をしっかりと治すのも良いのではないでしょうか?

当分の間はコンペもないし、クライミングジムへも行けないのですからね。

 

 

不安も! 

しかし!トレーニングをしないと弱くなるから不安だと言うクライマーも多くいます。

私もそう思います!

確実にクライミングやトレーニングをしないと弱くなります。段クライマーでもあっと言う間に3級登れなくなります。

でもね、これまで私の周りでいろいろな事情から一旦クライミングをやめたクライマーは多くいますが、クライミング再開後には結構早くに元の強さに戻ってます。何ならそれ以上になったクライマーも多くいます。

 

それに体のどこかに故障を抱えたままクライミングやトレーニングを続けても効率良く強くなれません。それに自分の持っているパフォーマンスが出せないのはつまらないですよね。

突発的な故障は仕方が無いとしても、慢性的な故障の多くは間違えた体の使い方をしているから起こります。

それは故障箇所をかばうなどクセがつき、無意識のうちに悪循環に陥いっている場合もあります。

それに故障してテーピングだらけのミイラ男みたいなクライマーってカッコ悪いですから・・・。

 

 

これからの為にも! 

とても勇気のいる事ですが故障しているクライマーは、一旦クライミングやトレーニングを中断して故障箇所の回復に努める事で回復後に今まで以上に強くなる可能性も十分期待できます。

また、変なクセがついているクライマーもそのまま続けるよりも一旦休む事でクセがリセットされる事もあります。その場合には故障予防にもなりますし、上手くなります。

 

今までクライミングジムに行くと故障していてもつい思いきり登っていたクライマーもクライミングジムへ行けない今は、しっかり治す良い機会なのかもしれませんね。

新型コロナウイルスが終息してさらに故障が治ったら、今まで以上に楽しく思いきり登れるようになれますよ。

 

まあ休むのはクライマーの自由ですのでお任せしますが、こんな意見もあるという事も覚えておいてください。

そんなに急がなくてもたまには家でゆっくりゲームでも・・・。

PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト 500GB (CUH-2200AB02)

PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト 500GB (CUH-2200AB02)

  • 発売日: 2018/07/01
  • メディア: Video Game
 
休む技術 (だいわ文庫)

休む技術 (だいわ文庫)

  • 作者:西多 昌規
  • 発売日: 2013/12/30
  • メディア: 文庫