クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

指懸垂をする意味!

こんにちは。ピンチです。

 

 

あなたはクライミングトレーニングをしていて、こんな疑問を持ったことはありませんか?

指懸垂をする意味ってあるのか?

広背筋等背中を鍛えるなら手はガバで加重した方のがトレーニング効率が良いだろうし、指を鍛えるだけなら加重デッドハング等で指でぶら下がっているだけで鍛えられます。

今回の「クライミング持論!」では、指懸垂をする意味を考えていきたいと思います。

 

目次

 

 

指懸垂は必要か?

普通トレーニングの考え方としては、鍛えたい部分に集中して負荷を掛けた方が良いとされます。

なのに指懸垂って中途半端なんです。

背中を鍛える前に指が疲れるし、指を鍛えるのに懸垂しても負荷はそんなに変わらない! 

 

クライミングには背中の筋肉も必要だし、指の強さも必要です。

それぞれを効率良く鍛えれば、それぞれは強くなります。それぞれは・・・。

 

 

指懸垂をする意味!

クライミングには、体の動きの連動が必要なんです。

それぞれの部位が強くなっても連動して動かせなければ、無意味になります。

連動って簡単に言うなら、上手く力の使い方を覚えるって感じなのかな?部分だけでなく全体の筋力のバランスを取りながら大きな力を出せるようにする感じ。

 

で問題の指懸垂なんですが・・・

指懸垂はその背中から指の連動の基本練習が出来ると言う訳です。

例えばクライミングで重要な引き付ける動作。

いつも引き付けるホールドが良いとは限りません。

すっぽ抜けそうなあまいホールドでも引付けなければなりません。

指の強さも背中の筋力も必要です。

でもそれだけでなくそんな時に上手く連動ができていないと雑なムーブになりミスをする可能性が高くなります。

 

ぶら下がるだけのデッドハングは動かずバランスを保ちやすいですが、これに懸垂という動作を入れる事で体の位置により指から背中の力の使い方が微妙に変化してきます。

単に個々のパワーをバラバラに出すのではなくて、調和させる。

 

これを覚える事は重要で、ロックオフなど固めるのは得意で強いのにムーブ間の動きで落下するというクライマーは連動ができていない場合が考えられます。

そんな場面に心当たりのあるクライマーは、指懸垂いかがでしょうか?

そのバリエーションも手の位置や引き付ける方向などたくさんありますからね。

 

 

まとめ

このように指懸垂をする意味は十分にあったんですね。

クライミングでは、一部の部位の力だけ伸ばしてもほとんど意味がありません。

しかし、それを連動させる事ができれば大きなステップアップができるのです。

ハッキリ言って各部位を鍛える方が楽です。

逆に連動性を身につけるのは、本当に難しいトレーニングになります。

でも筋力は何もしなければすぐに落ちていきますが、連動性などは一度見に付くと忘れにくく一生モノです。

コツを掴んだ事って変な力を入れなくてもいつでも再現できますよね。

自転車に乗ったり・・・最初はできなかった事でも一度コツをつかめば数年以上経ってもすぐに乗れますよね?あの感覚です。

 

連動性の感覚を身に付ける事は大変ですが、興味ある方はぜひお試しください。