クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

クライミングの男女差を考える!

こんにちは。ピンチです。

 

 

現在、クライミングを趣味にしているのは男性が圧倒的に多いです。

世間一般的にもクライミングは、腕力が必要で男性が圧倒的に有利で男性の趣味だと思われているのではないでしょうか?

しかし、そんな事は無いと私は思います。

 

今回の「クライミング持論!」では、クライミングの男女差を考えてみたいと思います。

 

目次

 

 

いきなり結論! 

そしていきなり結論を言いますと、

これは私の意見ですがクライミングにおける男女差はないと断言します!

 

確かに男性の方が体格が大きく筋力・リーチ等で有利に思えます。

しかしそれは世の中にパワーとリーチを活かした課題が多いだけ!

課題が偏っているんです。

女性セッターさんも入れてバランスよく課題を作っていけば平等になるのではないかと思います。女性セッターさん少ないですからね~。

実際に強い男性クライマーが登れないスラブ・水壁課題を女性クライマーがあっさりと登るといった事は多々あります。

男性と女性ではそれぞれ特性が違って、得意な動き等が違い得手不得手があります。

 

 

男女それぞれの登り!

男性には男性の女性には女性のそれぞれに適した登り方というものが違うのです。

男性は基本的にパワーを使ったパワフルな登り方をします。それを女性が真似しようとしてもできません。それは効率的ではありません。

 

基本的に

男性クライマーは、上半身で登る!

女性クライマーは、下半身で登る!

 

男性クライマーは、パワーを出せるかわりにどうしても筋肉がついてしまい結果として重くなります。

また、その腕力に頼るクライミングをする傾向がありスラブ・水壁が苦手な男性クライマーが多いです。水壁も基本的に保持って解決しています。

要は男性クライマーの多くが足をあまり使えてなくて上半身で登っている訳です。なので男性クライマーは、リードが苦手なクライマーが多いです。

 

逆に女性クライマーはパワーがないかわりに、筋肉量が少ないので軽いです。軽さは武器です。

女性クライマーが登るためには腕力に頼る事ができないので足に体重を逃がすのが最善です。

なので足やバランスを使ったクライミング能力が向上してスラブ・水壁が得意な傾向にあります。

また男性クライマーが速筋の割合が多いのでボルダーが得意なのに対して、女性クライマーは遅筋の割合が多いので持久力があり、足にしっかりと乗れるのでリードが向いています。

その他にも女性クライマーは骨格が小さく手指が細いので、男性クライマーが苦手な薄カチなどをいとも簡単にマッチしてしまいます。

柔軟性も男性に比べて高いです。

 

このように男性と女性では、得意な特性が違うために登り方が違います。

なのでどちらが絶対に有利とかなくてそれぞれに有利があり、男女差はないと考えます。

 

 

まとめ! 

なのである程度のクライミング歴があるクライマーであれば男性なら女性の、女性なら男性の登りを習得するのもレベルアップにつながるのかもしれませんね。

伸び悩んでいるクライマーはとくに!

しかし初心者クライマーの場合には、男性なら男性クライマーに!女性なら女性クライマーに!教わるのが良いのかと思われます。

とにかくクライミングの男女差はあまりなく、実際に男性クライマーと対等もしくは課題によっては強い事が多々ある事は、紛れもない事実です。

自信を失っていた女性クライマーは、パワーだけの男性クライマーに一泡ふかしてやってください!

クライミングは男性クライマーだけの趣味ではありませんからね。

そして女性セッターさんももっとたくさん増えると良いなぁ~。

察しない男 説明しない女 プレミアムカバー (五百田達成の話し方シリーズ)

察しない男 説明しない女 プレミアムカバー (五百田達成の話し方シリーズ)

  • 作者:五百田 達成
  • 発売日: 2019/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
女の取扱説明書 (SB新書)

女の取扱説明書 (SB新書)

  • 作者:姫野 友美
  • 発売日: 2019/02/05
  • メディア: Kindle版