クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

あなたは簡単なグレードの課題を軽視していませんか?

こんにちは。ピンチです。

 

 

今回の「クライミング持論!」では、「簡単なグレードの課題」について語ってみたいと思います。

 

目次

 

 

素振り!

クライミングを始めた頃には、全力でも登るのにとても苦労していた低グレードの課題たち・・・。

クライミング歴も数年が過ぎるとアップやダウン程度でしか触らなくなります。

 

あなたは今、そんな低グレードの課題を軽視して適当に登っていませんか?

 

他のスポーツ等でも型や素振りと言った基本の動きがあり、それをクライミングに置き換えると型や素振りは低グレード課題をキレイに登る事なのではないかと思います。

 

型や素振りと言う基本練習を怠っている人が上手くならないのと同じでクライミングでも基本が出来ていないために上手くならない場合があります。

 

 

丁寧に! 

アップやダウンで低グレード課題を登るのはとても良い事です。

しかしせっかく同じ時間を使って登るのなら、丁寧に登った方がいいです。

よく雑にムーブも使わず、キャンパシング等でほとんど体を動かさずに腕だけで登ってアップやダウン等をしている人を見かけます。

まあ指や腕などには刺激を与える事ができているとは思います。

しかし、体全体のアップやダウン等には全くなってません。

そもそもアップやダウンは血行を良くして体を温めてこれから運動するための準備段階であったり、筋肉に溜まった疲労物質を血行を良くする事で疲労回復させるのが目的です。

なのにいきなり腕や指に高負荷をかけていたのではアップやダウンには負荷が強すぎますし、故障の原因にもなります。

 

良いクライミングジムの課題は、低グレード課題でもキチンと体を大きく使えるように作ってあります。

なのでアップやダウンの時に低グレード課題を軽視して適当に登るのではなく、体を良く動かしてきれいに登る事を心掛けてください。

アップやダウンで一日に数十本登っていくと一年に換算すれば相当数登っている事になり、長い目で見れば適当に登っているクライマーに比べて大きな差が出てくると思いますよ。

 

 

得意に逃げない!

また、低グレード課題で自分の苦手な壁やムーブがあるとリーチやパワーで逃げてムーブを壊してでも強引に登るクライマーも多くいます。

確かに課題としては登れています。しかしそれではあまり練習になっていないんです。

クライミングジムの課題は練習をするための課題です。なので、基本的には設定通りで登れるのが良いと思います。

 

コンペ等では手段を択ばず登る!それくらい強引であってもいいと思います。登れた方が勝ちですからっ!

しかしクライミングジムの課題はコンペをやっている訳ではなく練習なのですから、むしろ苦手を練習しなければいけませんよね。

練習課題を何でもいいからクリアするという方法は、算数の問題集を計算機使って答えを出しているようなものです。

練習としては意味が無い!

 

例えばランジが苦手だ!スラブが苦手だ!と言うクライマーは、難しい課題で行き詰ってから練習をするよりも簡単なグレードの課題からしっかりと練習をやり直すべきだと思います。

 

しかし自分の登れる最高グレードが上がっていくとなかなか下のグレードで練習をしない。

なので最高グレードをどんどんと上げていくのではなく、最初の内からしっかりと低グレード課題を登り込んで苦手を潰しておくクライマーの方が結果として登れるクライマーになります。

 

今からでも遅くはありません!低グレード課題でも丁寧に登るように修正していきましょう!

きっと、その行動の先に効果は見えると思いますよ!

コンペで勝つ!  スポーツクライミング上達法

コンペで勝つ! スポーツクライミング上達法

  • 作者:木村 伸介
  • 発売日: 2020/03/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
全図解 クライミングテクニック

全図解 クライミングテクニック

  • 作者:堤 信夫
  • 発売日: 2004/04/01
  • メディア: 単行本