クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

指のケアは初心者のうちからしっかりとやっておかないといけない理由!

こんにちは。ピンチです。

 

 

クライミングで一番負担のかかる体の部位は、間違いなく手の指です。

その手の指のケアは、早ければ早いほどやっておいて損はないと思います。

 

それはなぜかと言うと見るのが一番早いです。

おじいちゃんおばあちゃんが近くにいる場合は、手の指を見せてもらってください。

多くのおじいちゃんおばあちゃんの手指が変形している事に気が付くと思います。

クライミングやってない普通に生きてきた人たちでも加齢により手指の関節はダメージを受けて変形してしまいがちです。ちょっと極端な話ですけどね。

という事は、クライミングで手指を酷使しているクライマーの老後の手指はもっとひどい事になっているかもしれません。

というか、私の両手の指もうすでに手遅れっていうくらい変形しています。

キチンと握れないし、キレイに開けない!

これもうたぶんクライミングをやめても治らない!

一生、日常生活に支障をきたします。

 

なのでこれを読んでいる方にはこうなって欲しくないので、まだ間に合うクライマーは手指のケアをしっかりとしておいた方が良いですヨ!

 

でも多くの人が異常のない時には、ケアなんてしないのが現状です。

そして何らかの異常が出始めてから慌ててケアをしようとする。

しかしそれではもう遅い!

ケアってのは異常をきたさないように予防する事なのです。

異常があってから始めるのは、治療です。

 

今現在、クライマーで指のケアを一切行っていないそこの人!

今日からでも指のケアをする事をオススメします。

 

目次

 

 

ストレッチ!

指の可動域が減少しないように一本づつ動く部分全てを動かして確認します。

しかし関節が柔らかすぎるのも良くないので、無理にストレッチさせる事はありません。気持ちの良い範囲で指を反らしたり、曲げたりします。

あと軽くでいいので指を引っ張ってあげる。

関節の隙間を少し広げてあげるイメージで、これも力任せではなく気持ちの良い範囲で行います。

一本一本丁寧に!毎日、入浴後とかが体も温まっていて良いですね。

面倒なクライマーは、こちら↓

 

栄養補給!

関節の軟骨成分などは加齢により減っていきます。つまり生きているだけで関節に悪い!

その上にクライマーは酷使しているので痛めたり、変形する前に関節に良い成分を体に取り入れておくべきだと思いますよ。

グルコサミンやコンドロイチン等々・・・。

ディアナチュラ グルコサミン・コンドロイチン・ヒアルロン酸 180粒 (30日分)
 

 

拮抗筋! 

拮抗筋というのは、簡単に言うと使っている筋肉(主動筋)の反対の筋肉です。

筋肉(主動筋)は収縮した時にパワーを出しますが、拮抗筋はこの時に筋肉が伸びている状態になっています。逆の動きをした時には主動筋と拮抗筋が逆になります。

つまり動きによっては主動筋は拮抗筋にもなるわけです。

www.wwwkiraku.com

 

クライミングは、握る力・屈筋ばかりを使います。この時の反対の指を伸ばす伸筋が拮抗筋です。

このように聞くと反対の筋肉は必要無いように感じますが、ものすごく重要です。
この主動筋と拮抗筋のバランスが崩れるとパワーも付きませんし、ケガの原因にもなります。

なのでクライミングで屈筋(握る)を鍛えた後は、拮抗筋である伸筋(伸ばす)も鍛えましょう。腹筋と背筋をセットでトレーニングするのと同じ考えです。

伸筋群を鍛えるトレーニンググッズで有名なのが「メトリウスグリップセイバープラス」シリーズです。ハード・レギュラー・ソフトと有りますので、自分に合ったものを選びましょう。

 

こうしてみると指のケアは、そんなに難しい事ではありません。

なので、指に何の異常も無いうちからやっておく事をオススメします。

あなたの周りで「指が痛い!」とか、無残に変形した指のクライマーはいませんか?

そうなりたくなかったら指のケアをしっかりと行ってみてはいかがでしょうか?

異常が出てからでは遅いですし、何もしないよりは絶対に良いと思いますよ。