クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

登っているだけで強くなるトレーニング方法!

こんにちは。ピンチです。

 

 

全てのクライマーという生き物は、常に強くなりたいと思っているものです。

そのため、クライミングジムで登る他にも懸垂やキャンパシング等のトレーニングを行っている場合が多いです。

 

しかし、自分の家にそんなトレーニングができる場所や設備なんか無いよ!というクライマーの方も多いのではないでしょうか?

 

そんな環境に恵まれないクライマーの方へ向けて、今回の「クライミング持論!」では「登っているだけで強くなるトレーニング方法!」というテーマで語ってみたいと思います。

 

目次

 

 

 

加重する!

自宅にトレーニングする場所や設備が無い場合には、クライミングジムでトレーニングするのが良いです!

しかしクライミングジムへ行って登らずトレーニングするのは、もったいないですよね?そこで!

登っているだけで強くなるトレーニング方法として私がおすすめするのは、加重して登る方法です。

 

たまにクライミングジムでも見かけると思いますが、体に重りを付けて加重して登っているクライマーの方っているでしょ?

あれです!

 

しかし多くのクライマーが加重ベストを着て登っています。

私はクライミングに加重ベストは合っていないと思っていて、その理由としてまず腕や肩の可動域を邪魔してしまう点です。

加重という負荷は体にしっかりかかりますが、やはり腕・肩周りの動きが大きいクライミングではその動きの妨げになり良くないと思います。

また、その他の加重ベストの良くない点として重りが長方形の鉛の塊である事から落下などの際に大きなケガに繋がると予測できます。

 

そこで私がおすすめしたい加重グッズは、【アンクルウエイト】です。

アンクルウエイトの良い所はウエイトが鉛の塊などではなくて粒状になっているので脚にフィットしますし、落下などの際に鉛の塊程のダメージを体に受けにくいです。(落ち方にもよります。)

また上半身の体の動きを妨げません。 

ただし、ウエイトの調整もできますがあまり高重量にはできません。

私は最初のうちは両足にのみアンクルウエイトをつけていましたが、物足りなくなってきたのでさらにアンクルウエイトを連結して腰に巻いて使っています。

この方法でアンクルウエイトの種類にもよりますが、10kg~15kgの加重が可能になります。

10kg以上にすると危険なのであまりおすすめはしません。

自己責任でお願いします!

 

 

その効果!

アンクルウエイトを装着して登っているとクライミングのほとんど全ての動きに負荷をかける事ができます。

また、強傾斜になればなるほど指や腕にかかる負荷が大きくなります。

基本的に登っていると大きな負荷を感じるのは足のかきこみや体幹部にいつも以上の負荷を感じるはずです。

足がきれやすくなる方向に負荷がかかるので、いつも以上に足のかきこみに気を付けないと登れなくなります。そのためにはまず体幹の力を使わないと足を運んだり、かきこんだりできません。

その辺りも自然と鍛えられて足さばきも含めて、全体的にレベルアップします。

このアンクルウエイトを付けてトレーニングした後で、負荷をすべて取り体一つで登ってみればその効果は十分に体感する事ができると思います。

 

 

注意事項!

注意事項としては、やはり体に重りを付けて加重している訳ですからいつも以上の負荷が体にかかります。

なので、無茶をすればレベルアップどころか故障をしてレベルダウンの危険もある事を理解しておいてください。

落下した際のダメージを考えると低い位置でのトレーニングや絶対に落下しないと自信のある課題でないと思わぬトラブルに繋がりますので、注意してください。

 

また、そもそもクライミングジムでトレーニングするわけですから必ずジム側に許可を得てからトレーニングしてください。

ケガはもちろん自己責任ですが、あなたがケガをしてもジムに迷惑がかかる事を理解しておいてください。

ジムや他のクライマーに迷惑がかかってしまってはいけませんので!

他のクライマーに迷惑をかけてしまうのは最低ですからね!

(ちなみに私の行っている複数のジムではアンクルウエイトの使用を許可いただきました。私は・・・)

 

 

まとめ!

アンクルウエイトを装着して加重負荷をかけて登っているとクライミングは強くなります。

常にいつも以上の負荷がかかっている訳ですから。

 

またトレーニングの方法として負荷を大きくかけていけば、初心者のクライマーとでもセッションする事が可能になります。

ジムにキャンパスボードがあれば加重キャンパもできます。

アンクルウエイトを一つ持っているといろいろな事に使えるので一つ持っておいても損はないと思いますよ。

自宅等で負荷をかけたトレーニングができないクライマーは、ぜひ試してみてください。