クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

クライミングはボルダリングよりもリードから始めた方が良い理由!

こんにちは。ピンチです。

 

 

ここ数年でクライミングを始めた人のほとんどは、ボルダリングから始めたかと思います。(そしてそのままボルダリングしかしていないというクライマーも多くいる事でしょう。)

数年前はちょうどクライミング・ボルダリングジムが増えてきていた時期なのでそのようになったのだと思います。

 

しかし、私が思うにクライミングはボルダリングから始めるよりもリードから始めた方が良いと思うのであります。

 

それはなぜか?

まあ焦らずに・・・

 

今回の「クライミング持論!」では、クライミングはボルダリングよりもリードから始めた方が良い理由!というテーマで語ってみたいと思います。

 

目次

 

 

 

きっかけはどちらでも良い!

まずクライミングと言うものに最初に触れるきっかけとしては、ボルダリングのが手軽で敷居が低く始めやすいと思います。

なので、クライミングを始めるきっかけとしては、どちらでも良いでしょう。

しかし、そのままクライミングをずっとやっていくんだというクライマーはまずリードを覚えて始めた方が良いと思います。

基礎から始める スポーツクライミング

基礎から始める スポーツクライミング

  • 発売日: 2018/07/06
  • メディア: Kindle版
 

 

 

ボルダリングとリードの違い!

そしてまずボルダリングとリードの違いを知っておかないといけません。

 

パッと見てボルダリングとリードを知らない人でも分かるのは、登る高度です。

ボルダリングは、4~5メートル程です。

ハイボル(ハイボルダー)と言われる9~10メートルを登る場合もありますが、普通のクライマーはそのリスクからほとんどやらないでしょう。

 

それに対してリードはその高度を遥かに上回りますので、安全を確保するためロープを使用します。

ボルダリングとリードの一番大きな違いは、登る高度とロープを使うか?使わないか?です。

その他違いを書き出してみます。

ボルダリング!

  • リードに比べて登る高度が低い。
  • 登る高度が低いので手数が少ない。
  • 手数が少ない代わりに一手の強度が強い。
  • ロープ等を使用せず一人でも気軽に登れる。
  • 陸上競技だとよく短距離走に例えられます。

リード!

  • ボルダリングに比べて登る高度が高い。
  • 登る高度が高いので手数が多い。
  • 手数が多いのでパワーよりもテクニックを必要とする。
  • ロープが必要で、一人では登れない。
  • 陸上競技だとよく長距離走に例えられます。

・・・等々他にもまだまだ違いはありますが、後ほど紹介していきます。

 

陸上競技に例えるとよくボルダリングは短距離走、リードは長距離走に例えられます。やはり得意とする方にクライマーの体つきも似てきます。

短距離走は瞬発力なのでムキムキ傾向に、長距離走は持久力なので瘦せ型傾向になりやすいです。

 

また危険度としては、ハッキリ言ってクライミングはボルダリングだろうがリードだろうがミスをすれば危険です!

ボルダリングでの大怪我はよく聞く事ですし、リードでの事故は命にかかわる事もよく聞く事です。

しかし私個人的には、熟練したクライマー(ビレイヤー)ならリードの方がケガや故障等のリスクも含めて安全のような気がします。

ジャック中根のクライミング道場

ジャック中根のクライミング道場

 

 

 

ボルダリングよりもリードから始めた方が良い理由!

・・・で、ボルダリングよりもリードから始めた方が良い理由なんですが・・・

クライミングを始めたほぼ全ての人は、壁を登る事に慣れていない訳です。

走ったりする事に比べると普段しない動きですからね。

なので、強度の強いボルダリングをいきなり続けていくと必ずどこかしらに負担がかかって故障します。そこでしっかり休んで回復を待てれば良いですが、クライマーはそんな事できません。

ずっと痛みを抱えて登っていたりします。いつ登れなくなるような大きな故障をするかも分からないのに・・・。

 

ですから、クライミングを始めて最初はリードでまず持久筋を鍛えながら、登るという事に慣れて欲しいのです。

立てるようになっていきなり全速力で走る練習をするよりも、まずは確実に歩いてからそのスピードを上げていく方がいろんな事を考えると確実に良いですよね?

 

そしてその他にもリードから始めるメリットは、それだけではなくキチンと足を使うテクニックもつきます。

実際にクライミングをほぼ同時期に始めたクライマーが同じ期間リードとボルダリングに分かれてやっていると登り方が全く変わってきます。

極端に言えばボルダリングをやっていたクライマーは、足がきれても腕力のパワーで押し切るダイナミックな登り方。

リードをやっていたクライマーは、地味ですが丁寧な動きで足を残し確実にホールドを取ろうとします。

どちらもクライミングには必要な登り方なんですが、ダイナミックな動きがメインになったクライマーはなかなかリードのような丁寧な動きができません。

リードが苦手でできないクライマーって多いです。

しかし、地味ですが確実なムーブをしようとするリードメインのクライマーは、ここぞという時にだけダイナミックな動きができるようにトレーニングすればよいのでボルダリングにも慣れやすいです。

 

また、ボルダリングをメインで登るクライマーに多いのが「限界からの一手」を出さずに諦めるクセが付いているような気がします。

ボルダリングは、手軽にトライできる分だけ一手が軽い気がします。

リードは、そうそう打てないのでワントライの一手一手が慎重で慣れると落ちるまで諦めません。

そういう意識って大事です。

極わずかですが、ボルダリングだけでもそういう意識のクライマーもいますけどね。

 

あとプレッシャーに強くなります。

同じムーブをするとして、低い位置なら何の迷いもなくできるムーブが、高度の高い位置だと全くできないというビビりクライマーめっちゃ多いです。

クライマーたるもの高いところで実力出せないでどうするの?

リードやってると冷静に処理出来るようになり、プレッシャーに強くなります。

www.wwwkiraku.com

完全図解 スポーツクライミング教本 すべてのクライマー必読の教科書決定版

完全図解 スポーツクライミング教本 すべてのクライマー必読の教科書決定版

  • 作者:東 秀磯
  • 発売日: 2017/05/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
コンペで勝つ!  スポーツクライミング上達法

コンペで勝つ! スポーツクライミング上達法

  • 作者:木村 伸介
  • 発売日: 2020/03/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

ジムでぼっちの時のトレーニング方法!

じゃあリードから始めよう!

といっても道具も知識もボルダリングとは比べ物にならないほど敷居が高いです。

なのでしっかりとした熟練者に教わりながら、身につけていってください。

自己流などは絶対にダメですよ。

 

で、道具も知識も手に入ったけど今日は自分ひとりぼっちでリードできないよという場合には、一人でもトレーニングはできます。

私も昔よくやってたんですが、サーキット・トラバースなどと言われる長手課題をやるんです。

100手ぐらいの長手課題でも繰り返し行いゴールできたら逆に戻るとか、別の長手課題に繋げたりしてなるべく壁に長くいるようにしていきましょう!

このトレーニング方法だと前腕がパンプしますが、ボルダリングなどのように大きな負荷がかかって故障をするといったリスクが低くなると思います。

めざせ!1000手!

クライマーズ コンディショニング ブック

クライマーズ コンディショニング ブック

  • 作者:菊地 敏之
  • 発売日: 2019/06/12
  • メディア: 単行本
 

 

 

まとめ!

という事で今回の「クライミング持論!」では、クライミングはボルダリングよりもリードから始めた方が良い理由!というテーマで語ってみました。

 

元々、ボルダリングはリードの核心部分の簡易的な練習方法として普及したそうです。

メインはリードでボルダリングは、練習方法でしかなかったんです。

なのでクライマーにとってリードができないというのはちょっと悲しいですよね?

でも、ボルダリングから始めてしまうとなかなかリードができないのが実際です。

その理由は先程説明した通りで、登り方の違いからリード⇒ボルダリングはスムーズに移行できても、ボルダリング⇒リードは一筋縄ではいかないんです。

ボルダリングで強いクセが付いてしまうと厄介なんです。

ジムでボルダリングが強いクライマー(初段程度)でもリードを始めるとだいたい笑えないくらい情けない結果になります。(プロクライマーレベルは、別ですよ。)

 

もちろんボルダリングも大切でクライマーならリードもボルダリングも両方が出来ないといけません。

両方を出来るようにするためにも、クライミングはボルダリングよりもリードから始めた方がスムーズで良いと思いますよ。

インドア・ボルダリング練習帖

インドア・ボルダリング練習帖

 

www.wwwkiraku.com

www.wwwkiraku.com

www.wwwkiraku.com

www.wwwkiraku.com

www.wwwkiraku.com

www.wwwkiraku.com

www.wwwkiraku.com