クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

私は認めない!クライミングのズルい登り方!

こんにちは。ピンチです。

 

 

自覚があるのか?ないのか?かなりズルい登り方をするクライマーって結構多いです。

そんなズルい登り方をするクライマー撲滅のためにも今回の「クライミング持論!」では、【私は認めない!クライミングのズルい登り方!】というテーマで語ってみたいと思います。

 

目次

 

 

 

スタート時のズルい登り方!

ボルダリングでよく、足やお尻がマットから離れた瞬間に次の一手を出すようなスタートをするズルい登り方をするクライマーいます。

たぶんまともにスタートがきれないのでしょう!

コンペなら完全にアウト!

スタートとゴールは課題にとって重要なパートです。

マットから足やお尻が離れてキチンと体が安定して、始めてスタートです。

そんなズルいスタートでの登り方はダサいのでやめてください!

あなたの周りにこんなズルい登り方をするクライマーがいたらぜひ、注意してあげてくださいね!

卑怯戦隊うろたんだー

卑怯戦隊うろたんだー

 

 

 

クリップ時のズルい登り方!

これはリードでクリップする時のズルい登り方です。

普通ロープをカラビナにクリップする時には、カラビナが逃げないように指で押さえます。

この時にズルい登り方をするクライマーは、カラビナを押さえるふりをして思いっきり指をかけて保持します。

しかもロープがクリップできないふりをして粘ります。

これズルいし、危ないのでぜひやめていただきたい!

確かにリードで高グレード(5.13以上?)になってくるとホールドが悪いからカラビナ持つと楽な時があるんです。

でもまあズルいし危険なのでやめましょう!大怪我しますよ!

意識して見ていると分かるのでカッコ悪いですしね。

「ずるい人」が周りからいなくなる本

「ずるい人」が周りからいなくなる本

  • 作者:大嶋 信頼
  • 発売日: 2017/11/05
  • メディア: Kindle版
 

 

 

スメアリング時のズルい登り方!

これはわざとではない場合もあると思うのですが、壁をスメアリングしてるつもりでもホールドに思いっきりあたっているズルい登り方をするクライマーいますよね。

たぶんあれってわざとではないにしてもホールドに足が乗った時って分かると思うんです。

特にスメアリングで足をあげていく時なんて、急に楽に蹴れたら絶対に気付いていると思うんですけどね。

もちろん偶然の時やそう見えるだけの時もあるので、他人からは言いにくいですが自分自身は分かっているハズです。

そんな事で登れても実力ではないので、カッコ良く自己申告しましょう!

ずるい美人

ずるい美人

  • 作者:福山 真由美
  • 発売日: 2020/09/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

自作チョークのズルい登り方!

よく自作の液体チョークを持っているクライマーいるんです。

エタノールと炭マグ(炭酸マグネシウム)を混ぜているだけのならいいんです。普通に買うよりも安くつきますし・・・。

しかしズルい登り方をするクライマーの液体チョークには、エタノール・炭マグの他にロジン(松ヤニ)を入れているんです。

かなりの高配合で・・・。

松ヤニが多いと保持力なくても吸い付くようにホールドが保持できてしまう場合があるんです。グレードが3つ位簡単に感じますよ。

これ、人工壁だけでなく外岩で使っている極悪なクライマーもいます。

外岩では、ロジン(松ヤニ)は使用禁止です!(ジムも禁止のところ多いです。)

そんなズルいチョーク使って登っても全然実力ではないですよ。

あなたの周りでそんなズルい登り方をするクライマーがいたら注意してあげてください!

ちなみにロジン(松ヤニ)入っていないと白色ですけど、ロジン(松ヤニ)が入っている割合が濃いほど黒っぽくなっていくので見てすぐに分かると思います。

色付かないものが、開発されていたら分かりませんが・・・。

molten(モルテン) ハンドボール 徳用松やに 800g REL

molten(モルテン) ハンドボール 徳用松やに 800g REL

  • 発売日: 2011/10/07
  • メディア: スポーツ用品
 

 

 

ホールドの使い方がズルい登り方!

クライミングでは、基本的にホールドをどのように保持してもいいです。それが楽しい所でもありますからね。

しかし、ズルい登り方をするクライマーは違うんです。

違う課題のホールド(使ってはいけないホールド)を身体にあてている事があります。

肘・ひざ・お腹等々・・・。

偶然の時もありますが、たぶん本人分かってますよね。

 

また、これは水壁やスラブなどでのズルい登り方なんですが、ホールドと壁の1㎜もないような隙間に爪などを入れて保持するんです。

これはこれですごいとは思うのですが、課題の意味がなく練習にもならないですし、何よりも危ないです!

もし足滑ったら爪剥がれますよ!

こんなズルい登り方は、役に立たないし危険なのでやめましょう!

あなたの周りでいたら注意してあげてください!

子供に多いかな?子供みたいな大人が多いからなぁ~。

 

 

ボルト穴を使うズルい登り方!

ボルト穴を使うズルい登り方、これも水壁やスラブで多いです。

特にノーハンドの課題とか・・・ね。

気持ちは分かるんですけどね。

何の練習にもなりません。

これ日常的にやっているクライマーは上手いんですよ。

手を壁にあててバランスをとっているかのように見せかけて指の腹で分からないように保持ってます!

コンペなら即、下ろされます!

クライミングは使えるものは、すべて使いますけどこれは意味が違いますからね!

 

 

まとめ!

まあとにかくズルい登り方をするクライマーは、多いです。

そこまでして課題を落としたいですかね?

そんな登り方では、課題を落としても楽しくないでしょ?と思ってしまいます。

まあ別にいいんですが、他のクライマーに迷惑が掛かるような事や大怪我してしまう事はお手数ですが、注意してあげてください!

ズルい登り方をするクライマーは、弱いです。いつまで経っても・・・。