クライミング持論!

クライミング・ボルダリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

クライマータイプ別の登り方!【低身長・ゴリマッチョ編】

こんにちは。ピンチです。

 

 

クライミングにハマると「もっと登れるようになりたい!」そう思うのが普通です!

 

もっと登るためには多くの情報を知る事が近道となります。

最近はクライミングジムで先輩クライマーに直接教わる他にも、本や動画などから簡単に情報を得る事ができます。

 

しかしクライミングを本や動画から、また直接教わる場合でもそのクライマーの体型などは一切考慮されておらず一方的な事が多いです。

そのクライマーの登り方を教えているだけで、教わっているクライマーに合わせた登り方を教えている訳ではありません。

そのためそれが合うクライマーもいれば、全く合わずに何を言っているんだろう?と思うクライマーもいると思います。

 

「クライミング持論!」では、数回に分けてクライマータイプ別の登り方!というテーマで語ってみたいと思います。

 

今回は、【低身長・ゴリマッチョ編】です!

 

目次

 

 

 

体型を活かした登り方!

低身長・ゴリマッチョ体型を活かした登り方ですが、とくに体型を活かせる良い登り方が無くて一番不利な体型なのではないかと私は思っています。(低身長・肥満体型よりは全然マシですが・・・。)

 

身長が低くリーチも短い、手も小さく、しかも筋肉で体重が重い等々・・・。

唯一あるのは丈夫な身体と体力ではないでしょうか?

 

丈夫な身体と体力!これも一つの才能でどんな事にも使える素晴らしい能力です。

しかし限界もあるので自分の事をよく知って、無理をしないようにして故障のリスクを減らせるようにしましょう!

 

 

登り方!

とにかくパワーを使った短期決戦型の登り方でしょう!

 

どうしても届かないホールドにはもちろんランジ・ダブルダイノなどが必須ですが、普段からバシバシッと足がきれてもド正対パワームーブで登るのが良いかもしれません。

 

下手に細かいテクニックを使って慎重に登ると勢いを殺すことになり、不利になってしまう課題も出てくるかもしれませんから・・・。

 

低身長・ゴリマッチョクライマーは、自分の本能を信じてガンガン攻めるクライミングをするのが合っているのかもしれませんね。

 

またリーチが短いクライマーは、必ずオープンハンドをマスターしましょう!

SEMAXIMUM 身長 サプリ 身長サプリメント

SEMAXIMUM 身長 サプリ 身長サプリメント

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 
身長サプリ SEHIGHEST 身長 身長サプリメント

身長サプリ SEHIGHEST 身長 身長サプリメント

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 

伸ばすべきムーブ!

ランジ・ダブルダイノ!

低身長クライマーはそもそもリーチが短いのでランジ・ダブルダイノをする機会が多いので意外と慣れています。

低身長・ゴリマッチョクライマーの特徴として体幹は強い傾向にあり、振られに対して強いクライマー多いです。(体幹は、身長が高いよりも低い方が有利になります。)

 

中にはどうやってもホールドに届かない意地悪な課題もあります。

それでも低身長クライマーは、リーチ差を埋めるために今日も飛びつかなければなりません。

低身長クライマーにとって、絶対に必要なムーブですね。

 

手に足!

その他伸ばすべきムーブは、【手に足】です。

文字通り「手で持っているホールドまで足を上げる」ムーブです。

しかし低身長クライマーで体が硬く手に足が苦手なクライマーは不利なことこの上ないので、股関節・腰回りを中心に柔らかくしておきましょう!

合わせ技で足を上げてランジができる場面では有利になりますからね。

完全図解 スポーツクライミング教本 すべてのクライマー必読の教科書決定版

完全図解 スポーツクライミング教本 すべてのクライマー必読の教科書決定版

  • 作者:東 秀磯
  • 発売日: 2017/05/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

鍛えるべき事!

低身長・ゴリマッチョ体型クライマーはド正対真っ向勝負が多くなりますので、キャンパシングで広背筋から出力される瞬発的なパワーと強靭な指の力を鍛える事が最善かと思います。

 

また足ブラ(足がきれる事)になる事が多くなりますので、できたら片手懸垂をマスターしておくとさらに体型を活かした登り方ができるでしょう!

 

キャンパシングと片手懸垂!正にパワー勝負!

ROCK & SNOW 2014 夏号 No.64 Summer issue, 2014 (別冊山と溪谷)

ROCK & SNOW 2014 夏号 No.64 Summer issue, 2014 (別冊山と溪谷)

  • 発売日: 2014/06/06
  • メディア: ムック
 

www.wwwkiraku.com

www.wwwkiraku.com

www.wwwkiraku.com

 

 

体型を活かせていない登り方!

そもそも普通のクライマーよりも低身長ですので、他のクライマーの登り方はあてになりません。

なので同じくらいの身長のクライマーから教わったり、ムーブを真似したりするのがよいでしょう。

低身長クライマーが高身長クライマーの真似をしても同じ様に出来る訳がありません。

出来たとしてもかなり無理をするハズですし、モタモタしているとパンプしてくるかもしれません。

 

低身長・ゴリマッチョ体型クライマーは、基本何も考えず次のホールドに向かっていく真っ向勝負の登り方が向いている気がします。

自分のやりやすい楽な登り方をしましょう!

 

 

まとめ! 

伸ばすムーブは、ランジ・ダブルダイノ・手に足!

トレーニングは、キャンパシングと片手懸垂!

柔軟は、全身!

保持は、オープンハンド!

低身長・ゴリマッチョ体型クライマーの方は、以上の事を意識して登ってみてはいかがでしょうか?

低身長・ゴリマッチョ体型クライマーはやっぱりどう考えても一番不利です。(低身長・肥満体型よりはマシですが・・・。)

 

でも諦める事はありません。

低身長・ゴリマッチョクライマーのド正対真っ向勝負スタイルの登りは、実は見ていて一番カッコいいです。(私だけ?・・・ではないハズ!)

見ているクライマーを感動させる事のできる登りができるのは、あなただけなのです!