クライミング持論!

クライミング・アームレスリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

2020年クライミングジムの増減!

こんにちは。ピンチです。

 

 

2020年今年もいろいろとありましたが(まだ1週間ありますが…)、やはり多くの人々に大きな影響を与えたのは新型コロナウイルスです。

 

今年はそのコロナウイルスのせいか?単にクライミング人気が下がったのか?クライミングジムの閉店が目立ちました。

そのどちらも原因としてはあるでしょうが、やはり新型コロナウイルスの影響が大きかったと思います。

このご時世に初めてクライミングジムへ行って登ってみようと思う人は、あまりいないでしょうからね。

ジムもご新規様が減ると経営が厳しいハズです。

実際にクライマーの数も減っていると思います。

 

 

2020年1/1~12/25現在まで分かっているだけでクライミングジム開店数は、約13店。

閉店数(2021年閉店予定含)は、約30店です。

これはネットで分かっているだけでですので、実際にはもっと多いかもしれません。

 

確実にクライミングジムの数は、減ってきています。

 

私の印象としても数店のクライミングジムの前を通ると、お客さんの数が2019年以前に比べて確実に少ないです。

どこもかなり経営の厳しい状態なのではないかと感じました。

 

このままでは来年以降もっとクライミングジムの閉店数は増えていくでしょう。

このままではいつまで経っても自由に大好きなクライミングができなくなってしまいます。

そうならない為にも、今私たち個人でできることはコロナウイルスの感染拡大を防ぐ事なのではないでしょうか?

 

今一時はクライミングが自由にできずにツラいですが、少しの期間だけ登るのを我慢してコロナウイルス終息までガンバりませんか?

クライマーだけが我慢してもしょうがないと思うかもしれないですが、たぶん他の分野の人たちも何らかの形で同じような事を考えていると思います。

 

それにこんな時期にクライミングジムでクラスターなんて発生したら、クライミング界はめちゃくちゃ世間から叩かれると思います。

そうなればクライミングに悪い印象が付き、更にクライミング人気は下がるでしょう。

 

これもうみんなでガンバらないとどうしようもない状況になってます。

自分一人くらいガンバっても・・・とか思わないで小さな努力の積み重ねがやがて大きな力になっていくと思います。

クライマーが登らないと更にクライミングジムが閉店してしまいますが、ここで放っておけばもっとひどい状態に陥り取り返しがつかなくなるかもしれません。

 

私の周りでも今年はすでに多くのクライマーが我慢しています。

これ以上クライミングジムをクライマーを減らさないためにも、私は2020年年末から2021年は、さらに我慢が必要だと思いますがどうでしょうか?