クライミング持論!

クライミング・アームレスリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

アームレスリング持論!⑭ アームレスラーに必要なサプリメント!

こんにちは。ピンチです。

 

 

アームレスリングは、身体に大きな負担のかかる過酷なスポーツです。

 

そのためトレーニングにもケアにもサプリメントは必須です。(個人差有)

 

そこで今回はアームレスラーに必要なサプリメントを考えてみたいと思います。

 

目次

 

 

 

1・HMB

何と言ってもアームレスラーは筋肉ですよね。

 

普段は効率よく筋肉をつけたい!

減量の時には必要な筋肉を落としたくない!

そんな時にオススメなサプリメントが【HMB】です!

 

正式名称等の詳細は書くの面倒くさいし、書いてもきっと読まないと思うので省略します。 

細かい事はいいんですよ。

効果があれば!

(横柄ですみません。気になる方は詳しく調べてください。)

 

このHMBは必須アミノ酸【バリン】【ロイシン】【イソロイシン】の【ロイシン】から体内で作られ、筋肉の生成などに関係があります。

 

しかし自然の食品から大量のHMBを摂取する事は難しく、【ロイシン】を摂取しても極少量しか作られません。

HMBを必要量摂取する事はとても難しいのです。

 

そこで登場するのが【HMB】サプリメントです。

もうHMBになっているので必要量が簡単に摂取できます。

 

私のオススメ【HMB】サプリメントは、錠剤のものです。

不味くなく、摂取量も正確に把握でき、どこでも摂取できます。

BULKEY HMB POWERBOOST 90000mg 360粒

BULKEY HMB POWERBOOST 90000mg 360粒

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 

2・クレアチン

クライミングに必要なサプリメントの時にも書きました。

 

クレアチンは簡単に説明すると筋力のエネルギー源です。

このクレアチンは摂取する事により体内(筋肉)に溜め込む事ができ、瞬間的にまたは連続して大きな筋力を使う時にすばやくエネルギーとして使う事ができます。

 

実戦練習でも試合でもトレーニングでも「あと少し・もう一回」という時に効果があるかもしれませんね。

 

クレアチンは通常1日に5ℊ摂取ですが、最初の5日間は「ローディング期間」として1日に20ℊを朝、昼、晩など4回に分けて5ℊづつ摂取します。

その後は「メンテナンス期間」として1日に5ℊづつ摂取していきます。

 

※クレアチンを摂取すると血液検査や尿検査などで「クレアチニン」という数値が上がってしまう事もあるみたいなので注意してください。(腎臓に関連する数値だそうです。)

 

なんと!最初に紹介した【HMB】と【クレアチン】がセットになったサプリメントもあります!

DNS クレアチン パウダー 300g 筋トレ トレーニング

DNS クレアチン パウダー 300g 筋トレ トレーニング

  • 発売日: 2021/01/09
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 

3・MSM

アームレスリングは、手首や肘といった関節に大きな負担がかかります。

なので痛めている人がとても多いです。

 

対戦相手と故障との戦いです。

 

そんな時に飲みたいサプリメントが【MSM】です。

 

【MSM】サプリメントは、関節の痛みや炎症を抑える効果があります。

 

私はクライミングでずっとお世話になっておりました。

 

あくまでもサプリメントであり、薬ではありません。

なので、痛めてから飲むよりも予防策として飲むのが良いと思いますよ。

 

※甲殻類アレルギーなどの人は摂取出来ない商品もあるので、よく調べてから購入してください。

明治薬品 MSM配合グルコサミン 440mg×360粒

明治薬品 MSM配合グルコサミン 440mg×360粒

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 
ベストMSM 1500mg 120タブレット [並行輸入品]

ベストMSM 1500mg 120タブレット [並行輸入品]

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

まあいろいろとサプリメントを紹介してますが、あまり頼りすぎるのも良くは無いと思いますので自分に必要な物を選択していきましょう!

 

どないやねん!