クライミング持論!

クライミング・アームレスリングが強くなるためのトレーニングや方法等私の経験を基にした持論を紹介します。

あなたのパフォーマンスを最大限に引き出す【リラックス】について考える!

こんにちは。ピンチです。

 

 

クライミング・ボルダリングはもちろんですがその他のスポーツや仕事等でも無駄に力まず、肩の力を抜いて【リラックス】している状態はとても大切です。

 

変に緊張したり、張り切りすぎて力むと身体がガチガチに硬直して上手く動かせず自分の持っているパフォーマンスを引き出すことができません。

 

リラックスする事は、成功するために必須なのです!

 

 

あなたも一度はあるのではないでしょうか?

コンペで緊張した時や「絶対に登ってやるぞ!」と力み過ぎたりしていつもの登りができなかった事が・・・

逆に何も考えず登り始めたらあっさりと完登してしまったなんて事も・・・

 

仕事等でもありますよね?

失敗の許されない場面でなんか緊張して上手くできなかった・・・

いつもなら失敗しないのに・・・

 

これは身体がガチガチに緊張して、リラックスできていない事が大きく影響しているのだと思います。

 

 

じゃあどうしたら常にリラックスして登れるのか?

 

生まれつき肝が据わっているのか?無神経なのか?分かりませんが一部にはそんな性格の人もいます。

そんな人は別として普通の人がリラックスして登れるようになるには、その状況に慣れるしかないのだと思います。

 

あなたの周りにいる強いクライマーを思い浮かべてみてください。

 

緊張してガチガチですか?

 

そんな事ないですよね?

堂々としていると思います。

 

でも今、目の前で堂々と登っている強いクライマーでも最初は緊張して登れなかったと思います。

たくさんトライして登っているうちに場慣れして緊張しなくなっていったんです。

コンペなどでも同じです。もちろん決勝などでも。

 

その他にも・・・

1・たくさん登る事で強くなる。

2・その強さが自身になる。

3・自信が付くと緊張しにくい。

というメリットもあるのではないかと思います。

 

よく「良い意味で緊張している」とかって言いますがあれは頭はすごく集中できていて身体はリラックスしている状態なんだと思います。

身体がガチガチに緊張しているのと真逆です。

なので同じ緊張という文字が入っていますが、全く状態が違います。 

 

まあとにかく緊張して身体がガチガチの状態では自分の実力を出せません!

なので、リラックスして登りましょう!

そのためには緊張しない事。

緊張しないためには、たくさん登って状況に慣れる。

さらには、たくさん登ると自然と強くなるから自信もつく。

自信がつけばさらに緊張しにくい。

という私の持論でした。

 

ただ、登る時にリラックスできているからといっても他の事全てでリラックスできると言う訳ではありませんからね。

他の事でもやはりそれぞれ慣れる事が必要です。