クライミング持論!

クライミング・ボルダリングに特化したブログでしたが、この度雑記ブログとなりました。 好きな事をいろいろ書くぞ~!

ガンバの心理!

こんにちは。ピンチです。

 

 

全国共通クライマーの応援と言えば、

 

「ガンバ!」

 

ですよね。

 

応援してますか?

 

頑張っているクライマーを応援する文化、素晴らしいです。

 

 

しかし、この「ガンバ!」と言う一言にもいろんな心理が隠されているのです。

 

本当に心の底から「ガンバ!」と言える時はいやらしい話ですが、自分よりも格下のクライマーが頑張っている時。

あと、自分の設定した課題を登っているクライマーを見た時。

本気で「頑張って登ってくれ!」という気持ちになります。

 

この場合、完登したらグータッチの腕が真っ直ぐ伸びて歓迎します。(個人差有)

 

逆に「ガンバ!」と言ってはいても、気持ちが入っていない時もあります。

ライバルが自分の狙っている課題をもう少しで登れそうな時。

自分が苦手なムーブの課題をもう一息で登れそうなクライマーを見た時。

言葉では「ガンバ!」と言ってはいますが、気持ちはむしろ「落ちろ!」です。

 

この場合、完登すると肘が曲がったやる気のないグータッチになります。(たぶん)

 

我ながら嫌な性格です。

器が小さい・・・。

 

でも、負けず嫌いも大事でしょ?

 

あなたもこんな経験あるのではないでしょうか?

いや、あるでしょ。きっと。

 

そんな気持ちが微塵も無かったとしたら・・・

なんてできた人なんだ!素晴らしい!

 

「ガンバ!」にもいろんな気持ちがあります。

みんな一緒です。

 

たぶん。

心理マーケティング100の法則

心理マーケティング100の法則

Amazon